大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

入試トピックス

2017年03月22日

2016年度大東文化大学青桐賞授賞式を3月22日行う

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 2016年度大東文化大学青桐賞授賞式が3月22日、本学板橋校舎で行われた。同賞は、学業や正課外活動などで優れた評価を受け、本学の名誉を高めた個人、団体を表彰する。本年は、4団体、個人8人が受賞した。

青桐賞受賞者との記念撮影 青桐賞受賞者との記念撮影

 大東文化大学青桐会の原田俊恵会長は「努力によって不可能を可能にするという言葉の通り、皆様方は今後ますます大東文化大学のために研鑽を積み頑張ってほしい」と祝辞を述べた。同会名誉会長の太田政男学長は「青桐会は父母の会として皆さんを常に応援してくれている日本一の応援団です。この賞は今年1年間で顕著な成績を出した団体や個人に与えられる賞です。この賞を励みに今後ますますの精進を積んでください」と話した。

 謝辞で、テコンドー部4年の鈴木セルヒオさん(国際関係4年)は「リオ五輪出場という夢を果たすことはできませんでしたが、東京オリンピックに出場し金メダルを目指します。皆さんの存在が私にとって「アモーレ」です。“Muchas Gracias y las gviero mucho a todos”(スペイン語で“本当にありがとうございました。そして皆様のことが大好きです。”」、改組新日展で初入選した榊晴海さん(中国学科2年)は「日展入選は自分の力だけでなく書道部部員と日々切磋琢磨し助け合いながら、身につけた技術と気持ちを出したことや、高校時代の恩師、本学の先生方の力添の賜物です。今後ともこれに満足することなく、日々の皆様への感謝と努力を忘れず精進していきたい」と述べた。

受賞者は次のとおり。(敬称略)

団体の部

1.陸上競技部 

代表 郷右近辰也 :男子長距離  秩父宮杯、箱根駅伝 各出場

  松尾順菜   :女子長距離  全日本女子駅伝、全日本女子選抜各入賞


2.ラグビー部  

代表 川向瑛/栗原良多 :全国大学ラグビーフットボール選手権大会 ベスト8


3.テコンドー部  

代表 竹内一/前田寿隆 :全日本学生テコンドー選手権大会 総合優勝 


4.男子バスケット部  

代表 葛原大智/岩﨑志央里 :関東大学バスケットボールリーグ戦2部優勝1部昇格

 

個人の部

1.鈴木セルヒオ(国際関係学科4年) :テコンドー部 オリンピック大会アジア大陸予選 第3位
2.宮原将裕(経営学科3年) :レスリング部 ジュニア世界選手権大会 第13位
3.松澤優花里(スポーツ科学科3年) :スケート部 ユニバーシアード冬季スケート大会 第4位
 日本学生氷上競技選手権大会スピードスケート競技 第3位
4.阿部友里香(国際関係学科3年) :スキー部 IPCノルディック巣k-ワールドカップ゚第1戦 優勝 第2戦 第3位
5.千田悠貴(書道学科1年) :改組 新 第三回 日展 第五科 書部門 初入選
6.工藤純平(書道学科2年) :改組 新 第三回 日展 第五科 書部門 初入選
7.梅林由葵乃(書道学科2年) :改組 新 第三回 日展 第五科 書部門 初入選
8.榊晴海(中国学科2年) :改組 新 第三回 日展 第五科 書部門 初入選
 

このページのTOPへこのページのTOPへ