大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

入試トピックス

2017年12月12日

スケート 年間総合ポイントランキング男女ともに第一位獲得

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 2017/2018ジャパンカップスピードスケート競技会 第3戦(12月8日~10日)が岐阜県恵那市で行われた。それにあわせて、ジャパンカップ年間ランキングポイントの発表も行われた。

 男子マススタートレースでは高橋孝汰(経営1年)が8分31秒14で第2位、年間ポイントランキングでは女子1000mで松澤優花里(スポーツ科4年) が176点で優勝、男子マススタートレースで高橋孝汰が220点で優勝した。

主な競技結果

女子500m
第6位 松澤優花里 41秒44
女子1000m
第8位 松澤優花里 1分23秒70
 女子3000m
第7位 熊谷帆乃香 (スポーツ科1年) 4分29秒53
 女子5000m
第7位 富田裕香 (スポーツ科2年) 8分05秒49
 女子マススタートレース
第4位 富田裕香 スプリントポイント8点 9分34秒42
第6位 日向晟萌 (社会経済2年) スプリントポイント5点 9分34秒85
第9位 熊谷帆乃香 スプリントポイント1点 9分19秒34
 
男子マススタートレース
第2位 高橋孝汰 スプリントポイント40点 8分31秒14

主な年間ポイントランキング

女子500m
第5位 松澤優花里 139点
女子1000m
第1位 松澤優花里 176点
女子3000m
第8位 熊谷帆乃香 89点
女子5000m
第7位 富田裕香 80点
女子マススタートレース
第5位 日向晟萌 145点
第6位 富田裕香 144点
 
男子10000m
第10位 高橋孝汰 60点
男子マススタートレース
第1位 高橋孝汰 220点

年間ポイントランキング女子1000m優勝 松澤優花里選手の話

  2017/2018ジャパンカップスピードスケート競技会女子1000mにおきまして、年間ポイントランキングで優勝することができました。 
  大学最後のジャパンカップで初優勝という成績を残すことができ、大変嬉しいです。500mでも5位入賞することができ、この種目では初めて入賞することができました。まだまだ世界で戦えるレベルには及びませんが、ジャパンカップでの成績は年々着実に良くなってきているので世界の舞台を目指して努力していきます。
   これからは1ヶ月後のインカレに向けてトレーニングを積んでいきます。結果にこだわる強い気持ちを忘れずに、チーム一丸となり頑張ります。
  これからも応援よろしくお願い致します。

男子マススタートレース第2位、年間ポイントランキング優勝 高橋孝汰選手の話

 この度、2017/2018ジャパンカップスピードスケート競技会第3戦のマススタートにおいて第2位、年間総合ポイントランキングでは優勝することが出来ました。
第2戦でも2位で、今回は1位を目指しましたが届かずに2位という結果でした。しかし、年間総合ポイントランキングで優勝することが出来たのでとても嬉しく思っています。
5000メートルでも自己ベストがでて、少しずつインカレに向けて調子は上がってきていると思います。
このままインカレに向けて1日1日を大切に練習に取り組んでいきたいです。
応援ありがとうございました。
また、今後も応援のほどよろしくお願い致します。

このページのTOPへこのページのTOPへ