# STUDY

出願直前!受験対策総まとめ~総合型選抜(自己推薦)編~

2020.11.18 / 1,040PV

2020年12月1日(火)より、2021 年度 総合型選抜(自己推薦 後期)の出願が開始されます。

 

そこで、本記事では総合型選抜に出願予定・出願検討中の受験生にむけて

出願から合格発表までの流れ、さらに自己推薦書・小論文・面接/口頭試問の対策ポイントを加えてお届けいたします!

 

受験生の皆さん!本番前の「総まとめ」を本記事で行っていきましょう☆

そもそも…総合型選抜(自己推薦)とは

自分の能力をアピールして自己を推薦する入試制度のこと。

学校推薦型選抜(公募制)とは異なり、出願基準が課されている学科が少なく出願のしやすさが特徴です。

出願時に自己推薦書の提出が必要なため、熱意・学習意欲を存分にアピールできます。

 

point!

自己推薦は前期と後期の2回入試があるので、前期で不合格だった場合でも後期に再チャレンジができます!

 

Step1:出願

 出願期間:2020/12/1(火)~2020/12/7(月)

 出願書類の提出は消印有効

 出願書類の中には自己推薦書も含まれています。忘れずに郵送しましょう!

 検定料の支払いと出願書類の提出をもって出願完了となります。

Q、自己推薦書に書くことって?

①志望する分野についての興味関心

 →興味を持ったきっかけや、自分の将来にどのような形で関わっていくと考えているか。

②自己アピール

 →高校時代の経験を通じて新たに発見したこと・学んだこと・成長できたこと。

➂志望動機

 大学と出会うまでのストーリーや、大学と自分が相思相愛であることの説明(アドミッション・ポリシーと自分)。

 具体的なエピソードをまじえ、成長と進歩をアピールできる文章にしよう。

 

point!

「書いたものを人に見せる」ということを意識して書くこと。

もっと話を聞いてみたいと思わせる・興味を引く、そんな自己推薦書が理想ですよ!

Step2:試験当日

 試験日:2020/12/13(

 学科:全学科

 試験会場:板橋キャンパス

 受験票はオンライン受験票

Q、小論文って何を書いたらいいの?

全学科、設問の要求に従いましょう。

課題文・資料と噛み合った答案を作ることを意識し、具体例を挙げて自分の考えや意見を書きます。

 

point! ~アドバイス~

小論文は"書くこと"・"発想すること"に慣れることが最大の対策。

「紙の上で行われる面接試験」と捉えて臨もう!

Q、 面接/口頭試問ってどんなことを聞かれるの?

面接時間は10~15分。

受験生1人、面接員が2名の個人面接です。

先輩たちは、「自分がこの大学に入りたい理由・志望理由」「なぜこの学部に入りたいのか」「この学部学科で学びたいこと」「将来の夢」「高校時代にがんばったこと」などを聞かれていました。

 

口頭試問は面接よりも、一歩踏み込んだ内容になります。

学問分野に対する知識を問われることもあるので、対策は必須です。

 

point! ~先輩からのアドバイス~

面接で大切なことは要点を暗記すること!紙に書いた言葉を丸暗記するよりも、要点だけを覚えてできるだけその時の自分の言葉で伝えた方が相手にも想いが伝わると思いますよ。

面接や口頭試問では自己推薦書の内容について質問されることもあるので、書いた内容は覚えておくこと・自己推薦書はコピーを取っておくことをオススメします!

Step3:合格発表

合格発表日:2020/12/18(金)

試験当日から5日後…ドキドキの合格発表。

今から喜んでいる自分を想像して、合格のシミュレーションをしちゃいましょう♪

 

受験はつらくあまり楽しいものではありませんが、合格発表日までは気を抜かずに!

 

皆さんの出願を、お待ちしております!

Read Othersあなたにおすすめ記事

ページTOPへ