大東文化大学 経営学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 経営学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

経営学部からのお知らせ

2017年03月17日

経営学部の学生が「社会貢献活動功労者表彰(大東文化大学ベストボランティア章)を受賞しました

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

3月16日(木)大東文化会館にて、社会貢献活動功労者表彰の表彰式が行われ、太田学長より受章学生の個人および団体5組に感謝状が授与されました。

2014年度より始まったこの事業は、社会貢献活動の分野において、ボランティア等の支援活動を行い社会への貢献が顕著な本学学生に表彰状を授与することで、社会貢献への意識を醸成するとともに、ボランティア等の活動を奨励して社会に有為な人材を育成し、輩出することを目的としています。

《受章した学生より》

 いたばし子ども起業塾とは「自ら考え、自ら創り、自ら稼ぐ」という会社経営体験を通じて、子どもたちが商品を考え世に送り出せる”クリエイティブ力”や、商品の良さをアピールし販売につなげられる”提案力”を磨くきっかけとするための取り組みです。

 板橋区との地域連携を深めると共に、小学生にビジネスや起業を身近に感じてもらいたいという目的から、大東文化大学経営学部の学生が継続的に参加しています。

 この取り組みが大学に認められ、「大東文化大学ベストボランティア章」を受章しました。今後も経営学部として、「未来の起業家」を生み出すサポートを積極的に行っていきたいと思います。

このページのTOPへこのページのTOPへ