大東文化大学 経営学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 経営学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

経営学部からのお知らせ

2017年12月16日

ネクスコ東日本グループの社長が門脇学長を訪問

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 本学の経営学部の学生による企画商品の発売を前に、これまで支援いただいたネクスコ東日本グループの金子社長と佐野社長が門脇学長を訪れ、今後さらに連携を深めていくことが確認されました。

今後のさらなる連携を見据えて、ネクスコ東日本リテイルの金子社長(左側)とネクスコ東日本ロジテムの佐野社長(右側)の二人の社長が門脇学長としっかりと握手を交わす 今後のさらなる連携を見据えて、ネクスコ東日本リテイルの金子社長(左側)とネクスコ東日本ロジテムの佐野社長(右側)の二人の社長が門脇学長としっかりと握手を交わす
中央に金子社長と佐野社長、お二人を挟んで右からネクスコの藤田関東事業部長と山下三芳店店長、右端はロジテムの松元企画課長で、今回ご訪問いただいたネクスコ東日本グループの方々 中央に金子社長と佐野社長、お二人を挟んで右からネクスコの藤田関東事業部長と山下三芳店店長、右端はロジテムの松元企画課長で、今回ご訪問いただいたネクスコ東日本グループの方々

 先日、ネクスコ東日本リテイルの金子社長とネクスコ東日本ロジテムの佐野社長を含むネクスコ東日本グループの方々が門脇学長を訪れました。ネクスコ東日本グループと本学との連携事業が順調に進んでいることから、このようなトップ会談が実現しました。

 昨年から本学の経営学部の学生が、ネクスコ東日本グループの支援の下に取り組んできた企画商品「さつマカロン」が期待通りに売り上げを伸ばしています。次の企画商品が近日中に販売されることに伴い、企画商品の第二弾「さちゅうまん」が門脇学長に手渡されました。

上記は企画商品の第2弾「さちゅうまん」、今後三芳PAで人気商品となると期待される 上記は企画商品の第2弾「さちゅうまん」、今後三芳PAで人気商品となると期待される

 その後、両者の間で連携をさらに深めていくことを確認し、産学連携を視野に入れた将来構想が話し合われました。本学では、行動計画の中心課題として「教育の大東」の実現を掲げており、「主体的な学び」に重点を置いています。この度の商品企画の連携事業は、本学が推進しているアクティブラーニングや課題型学習(PBL)の成果でもあり、今後の先進的なモデルケースに育っていくことが期待されます。

金子社長を中心にネクスコ東日本グループの方々(左側)との連携に向けた話し合いの様子、右側は話し合いに応ずる門脇学長と松尾経営学部長 金子社長を中心にネクスコ東日本グループの方々(左側)との連携に向けた話し合いの様子、右側は話し合いに応ずる門脇学長と松尾経営学部長
このページのTOPへこのページのTOPへ