大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

現代経済学科

現代経済に焦点を当て、国際化、情報化、産業構造、企業活動、金融の“いま”を探究。

学科の特徴

さまざまなテーマで授業が開講されていますので、経済に関する多種多様な科目のなかから選択できます。また、統計・情報処理系の科目も充実しており、1、2年次の「経済データ分析入門」「経済データ分析」、3、4年次の「情報と経済」「ビジネス・コンピュータ講座」などでスキルアップしていくことができます。

1年次からゼミで学ぶことも特徴のひとつです。いずれのゼミも10~20名規模の少人数で、資料検索・文章作成・口頭発表などの訓練を行います。演習を重ねることで課題を解決する力がつきます。3年生が主体となって行う「演習成果発表会」ではゼミの研究成果の発表を、「パネル部門」「口頭発表部門」に分けて行い、日々の成果を競います。これらのイベントは、学生たちの学びに対するモチベーションアップにも一役買っています。

また、企業や工場をたずね現場の方からの解説を聞きながら意見交換を行うなど、実践的な学びが得られる「エクスカーション」というバスツアーも開催しています。「エクスカーション」は、学生主体の実行委員会で運営され、企業選びや見学交渉なども学生たちが行っています。毎年2~3年次を中心に多くの学生が参加しています。

POINT
リアルな経済を学ぶ

経済学を「現代を鋭くリアルに学ぶ学問」と位置づけ、現代社会に課せられた諸問題を、経済学的な手法を駆使して解明していきます。

POINT
社会経済学科との連携

経済学の基礎は社会経済学科と共通となっています。学科間の垣根も低く、ゼミは両学科から選択することができます。

学ぶ領域

学ぶ領域

現代経済学科と社会経済学科の違い

現代経済学科と社会経済学科の違い
経済学部 現代経済学科とは
国内外の経済動向を専門的手法を用いて分析・考察します。

日々変動する国内外の経済動向を、現代経済理論や数量データ分析の手法に基づいて考察します。また、コンピュータ・情報処理関連の科目が充実しているほか、財務・会計の知識や手法を重点的に学ぶことで経済分析のプロをめざします。

経済学部 社会経済学科とは
経済理論や思想など、経済総体をより深くとらえる視点を養います。

基礎的な経済理論に加え、社会経済諸思想、経済史などにも重点を置き、社会総体を懐深くとらえる視点を養います。またアジアを中心に世界の政治、経済、社会も研究の対象とするほか、中国語または英語のいずれかを選択し、高度な語学力の修得をめざします。

  • 大学院経済研究科
  • 経済研究所
  • 経済学部公認Facebook
  • 経済学部公認Twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院経済研究科
  • 経済研究所
  • 経済学部公認Facebook
  • 経済学部公認Twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ