大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

社会経済学科

社会経済学科の先輩・先生の声

Daito Voice先輩・先生の声

経済学部 社会経済学科

大村 美貴さん

いま世界経済は激動のとき。その動きが少しずつわかるようになってきました。

高校2年生で学んだ政治経済の授業がきっかけで、経済に興味を持つようになりました。そこにひとつの企業があるとすれば、企業で働く労働者がいて、日常的に企業の生産活動が行われる。生産活動を行うには資金が必要で、その調達には銀行や証券会社が関わってくるし、さまざまな政策によって行政から企業活動をコントロールされる。ひとつの企業があれば、そこにいろいろな人や企業・団体、行政がちゃんと関わって成り立っている社会の仕組みを知るほど、経済って深くて不思議で面白いって思いました。

 

こんなに興味深い経済を、語学や歴史、思想といったところからひも解いていくのが、ここ社会経済学科の学びです。中国語も学習できることが、私にとっては特に魅力的でした。いまもこれからも、経済といえば中国を抜きにしては考えられないので、やはりその言語も学んでおきたいと思っていたからです。最初のころは発音などに戸惑いましたが、経済学部スピーチコンテストでは優秀賞をいただくまでに上達。がんばって勉強したので、受賞したときはほんとうに嬉しかったです。

 

この学科で学んで、少しずつ経済の動きを読みとる力もついてきたと思います。いま世界は激動のとき。今後も経済から目が離せません。

  • 大学院経済研究科
  • 経済研究所
  • 経済学部公認Facebook
  • 経済学部公認Twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院経済研究科
  • 経済研究所
  • 経済学部公認Facebook
  • 経済学部公認Twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ