大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

経済学部からのお知らせ

2017年11月24日

大東文化大学経済学会(2017年度)・第22回学生懸賞論文等審査結果

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

大東文化大学経済学会(2017年度)・第22回学生懸賞論文等(懸賞論文部門・研究ノート部門・書評部門・エッセイ部門)について、経済学会編集委員会にて慎重に審査した結果、下記の通りとなりました(各部門の奨励賞以上を掲載)。なお、今年度の応募本数は懸賞論文部門3篇・研究ノート部門3篇・書評部門7篇・エッセイ部門14篇の合計27篇でした。

懸賞論文部門

奨励賞以上

なし

研究ノート部門

【奨励賞】

「なぜ人は真ん中を選ぶのか」 社会経済学科1年 白鳥圭祐

書評部門

【奨励賞】

『戦略的思考の技術』 社会経済学科1年 齋藤龍

エッセイ部門

【優秀賞】

「アメリカで見た違和感」 社会経済学科2年 沼田哲哉

 

【奨励賞】

「大学入学から学んだこと」 社会経済学科1年 岩崎陣也

「私を変えた基礎演習」 社会経済学科1年 田中樹

「たかがアルバイト、されどアルバイト」 社会経済学科1年 野原暉央

「仲間の存在」 社会経済学科1年 松丸天成

「大学1年の時に必要な基礎的な力とは」 社会経済学科1年 伊藤達彦

「一人暮らしを始めて」 社会経済学科2年 角谷光希

「学ぶこと、教えること」 社会経済学科2年 吉田倖己

このページのTOPへこのページのTOPへ