大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

経済学部からのお知らせ

2018年11月24日

大東文化大学経済学会(2018年度)・第23回学生懸賞論文等審査結果

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

大東文化大学経済学会(2018年度)・第23回学生懸賞論文等(懸賞論文部門・研究ノート部門・エッセイ部門)について、経済学会編集委員会にて慎重に審査した結果、下記の通りとなりました(各部門の奨励賞以上を掲載)。なお、今年度の応募本数は懸賞論文部門4篇・エッセイ部門10篇の合計14篇でした。

懸賞論文部門

奨励賞以上

なし

研究ノート部門

奨励賞以上

なし

エッセイ部門

【優秀賞】
「一見すると」 社会経済学科 2年 勝山颯斗
 
【奨励賞】
「将来への期待」 社会経済学科 1年 中根健太
「大学生の、アルバイト」 社会経済学科 1年 遠藤弘之
「忖度」 社会経済学科 2年 山中滉太
「サーフィンと自分」 社会経済学科 2年 栗原拓光
「非日常の中の非日常」 社会経済学科 2年 川名正治
「昔と今の違い」 現代経済学科 2年 成田裕登
「心境の変化」 現代経済学科 2年 大滝蓮
このページのTOPへこのページのTOPへ