大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 経済学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

教員紹介

中垣恒太郎

研究分野 アメリカ文学・比較文学・現代文化研究 特に「アメリカ文化におけるホーボー/放浪者の表象」、「現代文化における思春期の表象」
担当講義 「アクティブ・リーディング」
「プロジェクト・イングリッシュ」
「(全学共通科目)異文化・世界にふれる―現代文化における思春期の表象AB」
「(全学共通科目)愛についてAB」
「(大学院)外国文献研究(カルチュラル・スタディーズ入門)」
学歴・略歴 2008年4月より大東文化大学経済学部に着任
主な研究業績

<アメリカ文学/比較文学>
(単著)『マーク・トウェインと近代国家アメリカ』(音羽書房鶴見書店、2012)
(共編著)『アメリカン・ロードの物語学』(金星堂、2015)。
(分担執筆)『特装版・高橋源一郎』(思潮社、2003)
(分担執筆)伊藤詔子ほか編『エコトピアと環境正義の文学』(晃洋書房、2008)
(分担執筆)亀井俊介編『アメリカの旅の文学――ワンダーの世界を歩く』(昭和堂、2009)
<映画>
(論文)「『ノン・フィクション・ノヴェル』再考――『冷血』と映画『カポーティ』に見る視点の問題」『英米文化』第37号(2007)
(分担執筆)越智道雄監修『9.11とアメリカ――映画にみる現代社会と文化』(鳳書房、2008)
(分担執筆)加藤幹郎監修・塚田幸光編「テレビ文化批評としての映画『トゥルーマン・ショー』――リアリティTV・消費文化・1950年代アメリカ」『映画とテクノロジー』(ミネルヴァ書房、2015)。
(論文)「チャップリンと1910年代アメリカ ――『放浪者』像の生成」『アメリカ文学』第75号(2015)
<音楽>
(分担執筆)「21世紀の『ボーン・イン・ザ・USA』――ポスト9.11時代のアメリカ大衆文化の想像力」杉田米行編『アメリカ的価値観の揺らぎ』(三和書籍、2006)
<コミックス(漫画)>
(論文)「コミック・ジャーナリズムと戦争表象――スピーゲルマン以後のアメリカン・コミックス」『立教アメリカン・スタディーズ』第28号(2006)
(論文)“Expanding Female Manga Market: Shungiku Uchida and the Emergence of the Autobiographical Essay.” International Journal of Comic Art. Vol. 14-2 (2012) 
<アニメ>
(分担執筆)「文学理論 アニメ研究における批評理論の可能性」小山昌宏・須川亜紀子編、『アニメ研究入門――アニメを究める九つのツボ』(現代書館、2013)。

学生へのメッセージ

できるだけ様々なことに興味を持ち、世界をひろげていってください。

  • 大学院経済研究科
  • 経済研究所
  • 経済学部公認Facebook
  • 経済学部公認Twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院経済研究科
  • 経済研究所
  • 経済学部公認Facebook
  • 経済学部公認Twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ