大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー

外国語学部 メインメニュー

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

中国語学科

中国語学科の先輩・先生の声

Daito Voice先輩・先生の声

外国語学部 中国語学科

新田 彩乃さん

読んでいくうちに驚いたりワクワクできる、最高の勉強。

授業の中で、特にがんばっているのは作文、面白いのは講読という授業です。作文に力を入れているのは、2年次の留学で力不足を痛感したから。将来中国語を生かして仕事をするためにも、文章を書くスキルは不可欠だと思ってがんばっています。また、講読は実際に中国語で書かれた文学作品を読む授業で、その国の言葉ならではの独特の表現の仕方から、文化の様子が読み取れるのが楽しいです。読んでいくうちに驚いたりワクワクできる、最高の勉強だと思います。

 

こんな風にいま、一生懸命に楽しく中国語学科で学んでいますが、中国語を学びたいと思ったのは、高校生のころに日本で映画化された台湾ドラマを見たのがきっかけです。中国語を話したい、字幕なしで聞き取れるようになりたい。どこにでもありそうな小さな出会いが、中国語を学んでいるいまの私につながっています。将来の目標を見つけるきっかけは、本当にいろんなところに転がっているものだと思います。

 

この先、大学を卒業してからは貿易関係の仕事に就きたいです。そのため語学はもちろんのこと、経済動向や歴史などもきちんと学んでおくつもりです。いまの時代は、語学はできて当たり前。求められているのはプラスアルファを持っている人材です。油断しないでもっと学びたいです。

  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ