大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー

外国語学部 メインメニュー

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

日本語学科

日本語学科からのお知らせ

2016年09月25日

日本語教師経験者の方との座談会

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

日本語学科には将来日本語教師になりたいと考えている学生も少なくありません。この日はタイやウズベキスタンなど海外で日本語教師を経験した方をお招きして、日本語学科の教員、学生、卒業生との座談会を開催しました。

 

青年海外協力隊の日本語教師として近くタイに赴任する予定の卒業生は、座談会の中で日本語教師を志そうと思ったきっかけを次のように話しました。

 

「海外で仕事をしてみたいという気持ちは高校生の頃からあったが、日本語教師という職業を意識するようになったのは大学で日本語学関係の授業を受けるようになってから。特に、共同研究スペース(※日本語学科の学生が自習や暇つぶしなど自由に使える部屋)に置いてあった青年海外協力隊のパンフレットで協力隊員としての日本語教師を志してみようと思った。」

 

人生の転機は身近なところにあるのかもしれません。

 

なお、この座談会は、日本語学科教員と学生の参加で構成される大東文化大学外国語学会日本語部会の行事として開催されました。

  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ