大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー

外国語学部 メインメニュー

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

日本語学科

日本語学科の先輩・先生の声

Daito Voice先輩・先生の声

外国語学部 日本語学科

吉田 由貴さん

世界中どこに行っても、日本のことをしっかり語れる人になりたいです。

私は高校時代に留学を経験しました。そこで知りあった外国の人たちが、自国のことを誇らしげに話す姿は、とてもかっこよく映りました。でも、私はどうかというと、日本語も日本の文化もまったく語れないことに気づいたんです。この時から、もっと日本を知ろうと思い立ち、大学では日本語学科で学ぶことに決めました。大東文化大学にしたのは、外国語学部なのに日本語学科、という珍しい学科名が気に入ったのも理由のひとつです。

 

日本語学科で学ぶようになってから、私は日本語にとても敏感になりました。少しずつ日本語に興味がわいてきて、あれほど日本語に無頓着だった私が、たとえば友達との会話のなかに出てきた言葉に「あれっ?」という感じで気になってしまうこともあって、あとで図書館に行って使い方を調べたり、語源をチェックしたりするようになっています。少しずつでも言葉の意味や語の由来がわかってくるのは、とても楽しいです。

 

また、クラスメートの約1/3を外国人が占めているのも、日本語学科ならではだと思います。中国や韓国、タイ、マレーシアといったアジア地域などからの留学生と一緒に授業をうけ、同じ内容を学びます。日本人として、留学生に負けるわけにはいかないので、今後もしっかり日本を学んでいきます。

  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ