大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー

外国語学部 メインメニュー

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

外国語学部からのお知らせ

2017年04月25日

学科行事紹介:語彙読解力検定

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア
2級に合格した志賀美咲さん(2016年度卒業生)2級に合格した志賀美咲さん(2016年度卒業生)
2級合格後、準1級に挑戦した若狭玲奈さん(2016年度卒業生)2級合格後、準1級に挑戦した若狭玲奈さん(2016年度卒業生)

日本語学科では2014年度より2年生全員と3年生以上の希望者を対象に語彙・読解力検定(朝日新聞社・ベネッセコーポレーション主催)の団体受検を実施しています。語彙・読解力検定は「社会への視野を広げる語彙力、社会を読み解く読解力を測定する検定」であり、日本語学科の教育研究上の目的である「日本語学に関する学識を修め、幅広い教養と国際的視野に立脚した職業能力を有する人材の養成」に資する検定と言えます。また、日本語学科の学生と教員が組織する外国語学会日本語部会では、語彙・読解力検定を始めとした語学検定への受検料の助成(1人あたり卒業までに4,000円)を行っています。

 

昨年度この検定を受検した学生のうち若狭玲奈さん(2016年度卒業生)と志賀美咲さん(同)が卒業を前にした3月に主催者の取材を受け、それを元にした記事が掲載されました。この4月から社会人として働き始めた2人が試験についての感想を語っています。

 

 

 

 

このページのTOPへこのページのTOPへ