大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー

外国語学部 メインメニュー

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

教員紹介

岡部謙治

1947年生まれ。群馬県高崎市出身。

卒業は大東文化大学中国語学科で、大学院も同じく大東、中国学専攻修士課程の修了です。1978年大東文化大学外国語学部教養課程助手として初めて教壇に立ちました。以後、中国語学科以外の他学科学生にも中国語を教え今日に至っております。

20年来の教歴の中で、教え子の中から朝日新聞主催の中国語全国弁論大会優勝者2名をはじめとして、入賞者を数多く出すことができました。大東における私の任務はこのように発音教育にあると考えております。中国人のきれいな発音を聞き、上手になりたい、その発音をピンインで正確に書きおこせるようになりたいと真剣に情熱を傾ける学生はどうぞ結集してください。徹底的に鍛えます。

日本人特有の発音をより中国語らしく発音するために、音素、単語、連語、文、段落、文章の順に「リズム」の研究が重要です。現在発音教育に資するべく中国語の音声面に重点を置いて研究をすすめています。

おもな著書・論文

『この中国語はなぜ誤りか』 光生館 1990年
『二音節語の第一音節重読について ――名詞語彙を中心にして――』 日中言語対照研究論集創刊号 日中言語対照研究会 1999年
『茶館』数来宝の音楽性』 日中言語対照研究論集第2号 日中言語対照研究会 2000年

  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ