大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー

外国語学部 メインメニュー

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

教員紹介

中村浩一

1947年、熊本県宇土市生まれ。1972年北九州大学中国学科卒業、1978年大阪市立大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学、同年中国語学科助手として赴任し、1998年教授。

赴任してはや30年近くになる。現在担当している科目は総合中国語1、中国語学概論、中国言語情報演習である。演習には中国語表現文法という看板を掲げているが、これはたとえば「可能」とか「願望」とかの概念を設定し、中国語を表現するという立場に立ってまとめていこうというものである。趣味はパソコンで、最近は自作にこっている。

おもな著書・論文

『普通話三千常用詞表』と『水滸』多音節形容詞 1』
大東文化大学紀要第45号 2007年
『“方便”について』 大東文化大学紀要第44号 2006年
『普通話三千常用詞表』と『古今小説』 1.多音節形容詞』 大東文化大学紀要第42号 2004年

  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ