大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 外国語学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー

外国語学部 メインメニュー

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

教員紹介

リー ゲーブリエル

研究分野 英語教育学(特にリスニング及びスピーキングの流暢さの実戦的方法論)言語テスト理論(英語テスト・アンケート調査の開発及びデータの分析方法)
担当講義 基礎セミナー
しごと論1・2
アメリカ研究
など
学歴・略歴 1993年 米国ベイツ大学(Bates College) 東アジア研究学部 卒業
1994年 昭和女子大学付属中高部 専任講師
1996年 テンプル大学ジャパン教育学研究科博士課程前期課程(TESOL専攻)修了
1997年 大東文化大学外国語学部英語学科 非常勤講師
1999年 慶応大学文学部英米文学科 非常勤講師
2001年 玉川大学文学部国際言語文化学科 専任講師
2002年 テンプル大学ジャパン教育学研究科博士課程後期課程(カリキュラム・インストラクション・テクノロジー 専攻)修了
2005 年 大東文化大学外国語学部英語学科 選任講師
2012年 大東文化大学外国語学部英語学科 准教授
学位 1996年 8月 M.A.(TESOL)テンプル大学ジャパン  
2002年 1月 Ed.D.(カリキュラム・インストラクション・テクノロジー) テンプル大学ジャパン

主な研究業績

(2012). Rauding theory and the TOEFL subtests. 『語学教育フォーラム』第 26号、1-107頁. 大東文化大学語学教育研究所.
(2011). The effect of speed-reading training on non-timed reading performance.『語学教育研究論叢』第28号.大東文化大学語学教育研究所、57-77頁.
(2007). Towards a simple view of second language learning: relationships between fluency, vocabulary, reading and listening comprehension. Interactive paper presented at the 14th annual meeting of the Society for the Scientific Study of Reading the Corinthia Towers Hotel, Prague, Czech Republic. 2007年7月13日.
(2008). 第二言語習得の単純論. 『語学教育研究論叢』第25号. 大東文化大学語学教育研究所、332-335頁. (平成19年度 大東文化大学語学教育研究所 研究発表会要旨) (2006). Three factors in L2 reading ability. Reading Psychology, 27, 5. 405-433頁.

学生へのメッセージ

Are you interested in studying in an English speaking country? I think this is the best way for you to improve your English ability in a short amount of time! My advice to all first-year students is to study abroad. No money? Get all “A” grades your first year. Then apply for a scholarship. Your good grades will help you greatly when you apply for the scholarship! Good luck!

  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院外国語研究科
  • 語学教育研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ