大東文化大学 大学院/アジアから成果へ―多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 大学院

メニュー

大学院 メインメニュー

Languageメニューを閉じる
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

学位論文の評価基準

経営学研究科 学位論文審査基準

博士前期課程(修士)

修士論文は、主査1名、副査2名以上から構成される審査委員会によって、審査され評価が行なわれます。論文そのものはもちろん、論文完成に至るプロセスも評価され、総合的に評価されます。総合評価は、S、A、B、C、D、Eの6段階で行なわれ、C以上の評価が合格となります。
なお、論文の審査にあたっては、次のような評価項目を設け評価します。

博士後期課程(博士)

博士論文は、主査1名、副査2名以上から構成される審査委員会によって審査され、評価されます。審査委員会では、提出された論文を次のような評価項目を設け評価し、合格か不合格かを全会一致で判断します。(博士論文の提出にあたっては、申請要件があります)

  • DB PORTAL
  • 証明書発行について
  • 情報公開
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • DB PORTAL
  • 証明書発行について
  • 情報公開
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ