大東文化大学 大学院/アジアから成果へ―多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 大学院

メニュー

大学院 メインメニュー

Languageメニューを閉じる
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

専攻概要

経済学専攻

博士課程 前期課程

前期課程では、経済学系学部における教育を基礎に、より専門的で高度な学術理論および応用を研究、教授し、文化の創造的発展と人類の福祉に寄与する人材としての研究者および高度の専門的知識をもつ職業人・社会人の育成を目的としています。前期課程では、「研究指導科目」として理論経済学、経済学史、経済史、経済政策、国際経済、国際関係、金融、財政、統計、社会保障、労働経済、通訳論、経済地理、環境経済学、消費者政策・法制を設置し、これをさらに幅広く研究するための関連科目として多彩な「講義・実習科目」を開講しています。前期課程の特徴は、親切丁寧な研究指導と幅広いカリキュラムの編成にあります。とりわけ経済学を基礎とした専門的で高度な通訳論が設置されているのは経済学研究科の大きな特色です。

博士課程 後期課程

後期課程では、前期課程における教育・研究をさらに発展させ、豊かな学識と高度な研究能力をもち、文化の創造的発展と人類の福祉に寄与する人材としての研究者や高度専門職業人・社会人の育成を目的としています。後期課程では、「研究指導科目」として理論経済学、経済学史、経済史、経済政策、国際経済、国際関係、金融、財政、統計、社会保障、労働経済、経済地理、環境経済学を設置し、さらにこれらの研究を深化させるための「関連講義科目」を数多く開講しています。後期課程の特徴は、博士論文の作成に向けた高度で的確な研究指導にあります。これまで留学生を含め、数多くの経済学博士(課程博士、論文博士)を輩出し、大学教員も多数出ています。

  • DB PORTAL
  • 証明書発行について
  • 情報公開
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • DB PORTAL
  • 証明書発行について
  • 情報公開
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ