大東文化大学 国際関係学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 国際関係学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

特色GP関連事業実施報告

社会人のためのアジア理解講座実施報告

2014年10月06日

日本南アジア学会第27回全国大会が開催されました(9月27、28日)

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 秋晴れのもと、2日間(9月27日、28日)にわたって日本南アジア学会第27回全国大会が開催されました。大東文化大学での本学会全国大会開催は1992年以来、22年ぶりとなります。国内外より総計162名の研究者の方々が集い、活発な議論が行われました。

 日本南アジア学会は1988年に創立され、南アジア (インド、スリランカ、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、ブータン、モルディブ、等) 地域を対象とする研究の発展と研究者の交流に貢献してきました。現在、500名を越える会員が所属しています。
 大会準備は本学会所属の国際関係学部の先生方、職員、OB、アジア地域研究科の学生が中心となって行いました。

 今回の全国大会は、海外からの報告者を広く募った、初の「国際会議」となりました。インド、スリランカ、バングラデシュ、シンガポール、台湾、ロシアから11名の参加がありました。これまでの大会のセッションでは主に日本語が使用されていましたが、今回は国内からの参加者も含め、2日間で14のセッション中6セッションが英語で行われました。

 大会の開催にあたっては、多数の皆さまからご協力ご支援をいただきました。とくに、大会実行委員、報告者、司会者、聞き手、コメンテーターの皆さまに厚くお礼申しあげます。また、日本南アジア学会事務局と大東文化大学の国際関係学部事務室からのご支援に対して、記して謝意を表します(報告要旨集の大会実行委員長のごあいさつより抜粋)。

  • oオンライン学部ガイドブック
  • DACIX
  • 卒業論文ライブラリー
  • 公開テキスト
  • 入学前教育
  • 現代アジア研究所
  • 学部アーカイブ
  • 大学ポートレート
  • 大学院アジア地域研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • oオンライン学部ガイドブック
  • DACIX
  • 卒業論文ライブラリー
  • 公開テキスト
  • 入学前教育
  • 現代アジア研究所
  • 学部アーカイブ
  • 大学ポートレート
  • 大学院アジア地域研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ