大東文化大学 国際関係学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 国際関係学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

ディプロマ・ポリシー

教育研究上の目的

国際関係学部はアジア諸地域を中心に、国際政治・経済・社会の課題を考え、また豊かな伝統と多様性に富むアジア諸地域の歴史・芸術・文化を学ぶことを通して、異文化を理解する心を育てるとともに、アジアの地域言語および英語の運用能力を身につけ、多文化共生の実現と広義の国際協力や国際交流に貢献できる人材の育成を目的とする。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

国際関係学部は、卒業に必要な単位を取得し、以下に示すような能力を備えていると認められる学生に卒業の認定を行い、学士(国際関係学または国際文化学)の学位を授与する。

1.知識・理解
  • アジア諸地域の歴史・政治・経済・社会・芸術・文化に関する基本的かつ広範な知識を修得している。
  • 異文化への理解を基礎に、特定の専攻分野に関する専門的知識を修得している。
2.思考・判断
  • 卒業論文等において、問題の発見・設定からその解決方法の提示にいたる一連の研究に取り組み、一定の成果をあげている。
  • 異文化理解や専攻分野に関する専門的な知識を基礎に、国際社会に生起する諸事象を多面的に考察し、自らの意見を論理的に構成することができる。
3.技能・表現
  • 教育研究上の目標の実現に相応しい英語およびアジア言語の運用能力(コミュニケーション能力)を有している。
  • ICTや数量的スキル等を活用して、諸課題の解決に必要な情報を収集・整理・分析できる。
  • ロジカルシンキングやクリティカルシンキングをふまえた文章表現や口頭表現、ディスカッションができる。
4.関心・意欲・態度
  • 生涯学習を視野に、専攻分野の学びをキャリア形成に役立てるために主体的かつ計画的に行動することができる。
  • 地域社会の一員としての倫理観と責任感をもって、背景や意見の異なる他者と協調・協働して問題解決にあたることができる。
  • 国際社会の一員として、現代世界の諸問題と持続的に向き合い、多文化共生社会の実現に向けて行動する意欲を有している。
国際関係学科 ディプロマ・ポリシー
教育研究上の目的

国際関係学部国際関係学科は、社会科学の視点でアジア地域研究を修め、多文化共生の実現と広義の国際協力や国際交流に貢献できる人材の育成を目的とする。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

国際関係学科は、卒業に必要な単位を取得し、以下に示すような能力を備えていると認められる学生に卒業の認定を行い、学士(国際関係学)の学位を授与する。

1.知識・理解
  • アジア諸地域の歴史・政治・経済・社会・芸術・文化に関する基本的かつ広範な知識を修得している。
  • 異文化への理解を基礎に、特定の専攻分野に関する専門的知識を修得している。
2.思考・判断
  • 卒業論文等において、問題の発見・設定からその解決方法の提示にいたる一連の研究に取り組み、一定の成果をあげている。
  • 異文化理解や専攻分野に関する専門的な知識を基礎に、国際社会に生起する諸事象を多面的に考察し、自らの意見を論理的に構成することができる。
3.技能・表現
  • 教育研究上の目標の実現に相応しい英語およびアジア言語の運用能力(コミュニケーション能力)を有している。
  • ICTや数量的スキル等を活用して、諸課題の解決に必要な情報を収集・整理・分析できる。
  • ロジカルシンキングやクリティカルシンキングをふまえた文章表現や口頭表現、ディスカッションができる。
4.関心・意欲・態度
  • 生涯学習を視野に、専攻分野の学びをキャリア形成に役立てるために主体的かつ計画的に行動することができる。
  • 地域社会の一員としての倫理観と責任感をもって、背景や意見の異なる他者と協調・協働して問題解決にあたることができる。
  • 国際社会の一員として、現代世界の諸問題と持続的に向き合い、多文化共生社会の実現に向けて行動する意欲を有している。
国際文化学科 ディプロマ・ポリシー
教育研究上の目的

国際関係学部国際文化学科は、比較文化の視点でアジア地域研究を修め、多文化共生の実現と広義の国際協力や国際交流に貢献できる人材の育成を目的とする。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

国際文化学科は、卒業に必要な単位を取得し、以下に示すような能力を備えていると認められる学生に卒業の認定を行い、学士(国際文化学)の学位を授与する。

1.知識・理解
  • アジア諸地域の歴史・政治・経済・社会・芸術・文化に関する基本的かつ広範な知識を修得している。
  • 異文化への理解を基礎に、特定の専攻分野に関する専門的知識を修得している。
2.思考・判断
  • 卒業論文等において、問題の発見・設定からその解決方法の提示にいたる一連の研究に取り組み、一定の成果をあげている。
  • 異文化理解や専攻分野に関する専門的な知識を基礎に、国際社会に生起する諸事象を多面的に考察し、自らの意見を論理的に構成することができる。
3.技能・表現
  • 教育研究上の目標の実現に相応しい英語およびアジア言語の運用能力(コミュニケーション能力)を有している。
  • ICTや数量的スキル等を活用して、諸課題の解決に必要な情報を収集・整理・分析できる。
  • ロジカルシンキングやクリティカルシンキングをふまえた文章表現や口頭表現、ディスカッションができる。
4.関心・意欲・態度
  • 生涯学習を視野に、専攻分野の学びをキャリア形成に役立てるために主体的かつ計画的に行動することができる。
  • 地域社会の一員としての倫理観と責任感をもって、背景や意見の異なる他者と協調・協働して問題解決にあたることができる。
  • 国際社会の一員として、現代世界の諸問題と持続的に向き合い、多文化共生社会の実現に向けて行動する意欲を有している。
  • oオンライン学部ガイドブック
  • DACIX
  • 卒業論文ライブラリー
  • 公開テキスト
  • 入学前教育
  • 現代アジア研究所
  • 学部アーカイブ
  • 大学ポートレート
  • 大学院アジア地域研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • oオンライン学部ガイドブック
  • DACIX
  • 卒業論文ライブラリー
  • 公開テキスト
  • 入学前教育
  • 現代アジア研究所
  • 学部アーカイブ
  • 大学ポートレート
  • 大学院アジア地域研究所
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ