大東文化大学 国際関係学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 国際関係学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

国際関係学部からのお知らせ

2017年02月13日

「企業と雇用B」・特別講演Ⅲ「就職活動スタートアップセミナー」報告

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

 2016年度「企業と雇用」の締め括りは「特別講演Ⅲ」。1月20日(金)15時より、東松山図書館地下1階AVホールにおいて「就職活動スタートアップセミナー」と題して、株式会社エービーシーエデュケーション(株式会社エービーシー商会)の山本みどり先生から、実践的な講話をうかがいました。

 就職活動の全体像の確認からスタートです。2017年度春卒も2018年度春卒も採用スケジュールには大きな変化がないように見えます。しかし、山本先生によれば、企業の採用活動は「長期化(事実上の採用準備活動としてのインターンシップなど)」「流動化」「不透明化」の傾向を強めていると言います。こうしたなかで「本選考は超短期化している」とも。予期せぬ、突然の選考という事態も想定する必要があるということです。したがって、就職活動を目前に控えた3年次生の心構えとしては、「知っている」や「わかる」を、いつでも・どこでも・誰に対しても「できる状態」にしておくことが肝要。

 企業側の選考方法も、学生の日常の様子をみるために、年々巧みになっていると言います。企業側のフランクさや気安さに乗じて、「学生らしさ」を曝け出しては元も子もないと山本先生。どんな状況に置かれても「化けの皮が剥がれないように」挨拶をはじめ、就職活動に必要とされるマナーを「日常化しておくこと」が大事です。そして、筆記試験対策(どんな問題でも6割をとれるように!)、業界・業種。職種の正確な理解をしっかりと身につけること。

 「書類における注意点」「面談の基本所作」「グループディスカッションのポイント」「集団面接と個人面接における面接員の視点」等に関して、人事担当者ならではの実にわかりやすい説明がなされました。たとえば、面接における「表情」「姿勢」「発声」について。集団面接では「“隣に倣えに”ならないよう」に留意し、個人面接では、面接員から「なぜですか?」「どうしてですか?」と深堀されたら、チャンス到来と思え!(圧迫面接などと勘違いするな)という教訓も示されました。

 もっとも大事なのは、当然のことながら「志望動機」。志望動機を作成する際の「鉄則」が強調されました。この企業で働きたいとどれだけ真剣に考えているのか、企業の差異化ポイント(戦略)を正確に理解したうえで、自分は何をやりたいのかを明確にできればOK。そのためには、緻密な業界・企業研究が不可欠であることは言うまでもないことでしょう。

 最後のトピックは「企業が求める能力」。一般に「コミュニケーション能力」と言われるが、もちろん間違いではない。しかし、これは会話力や行動力だけを意味するわけではない。企業には「他者とかかわらない仕事はありません」。したがって、企業が重視する『コミュニケーション力』とは、「いつでも・どこでも・どんな状況でも・誰とでも『関係を築ける力(チームワーク力)』のことです」と、山本先生は断言します。仲間内で話が弾み、行動がアクティブになるのは当たり前。どんな他者とも協力をし、企業のパフォーマンスに貢献できるような人材こそが必要とされているわけです。「自分にはコミュニケーション力はある」と勘違いしている人も少なくないような気がします。よく考え、本当のコミュニケーション力を念頭に、就職活動の行動計画を立案してもらいたいと思います。

 

 講話の後、学生からは「グループディスカッション」を中心に、次々と質問が出されました。スーツ姿の学生もちらほら。いよいよ「就活モード」へといった感じです。

学生に語りかける山本みどり先生 学生に語りかける山本みどり先生

 最後に、山本先生からは、間もなく就職活動に参入する学生に向けて、力強い励ましのメッセージが語られました。

「3月から就職活動がスタートします。事実上、採用活動がスタートすると考えてもよいかもしれません。みなさんは、どこかの企業の就職試験では間違いなく落ちます。4月から5月にかけて、試験に落ち続け、なかなか内定がとれない、とても辛い時期が訪れます。しかし、それはきわめて正常(当然)なことです。

そんなとき、絶対に動きを止めないでください。いったん止まってしまうと、どんどん怖くなっていくのが就職活動というもの。だから、暗いトンネルの中に入っても歩みを止めることなく、遠くに見えるかすかな光をめがけて、少しずつ進み続けることです。必ず出口はあるのですから。」

謝辞

 山本みどり先生には、国際関係学部の「企業と雇用」の趣旨をご理解いただき、「建築資材業界の魅力と将来性」での魅力的な課題出しに続いて、「企業と雇用」1年間の締め括りにふさわしい有意義かつ実践的な講話をしていただきました。学生たちを就職活動に促す「やる気スイッチ」をやさしく押していただいたように感じています。記して深く感謝の意を表します。

 

 2月下旬には、東松山キャンパスにおいて、キャリア支援課東松山分室主催の「面接トレーニング講座」が開催されます。山本先生には、面トレの講師としてご指導いただけることになっています。

このページのTOPへこのページのTOPへ