大東文化大学 国際関係学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 国際関係学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

国際関係学部からのお知らせ

2012年11月22日

2012年度現地研修-インド(ヒンディ語)

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

Incredible India!
 Hindi study tour of India in September 2012 was an amazing experience. Every student is encouraged to join such tours, as they will have incredible memories that cannot be replaced and which are beyond price. Here are just a few examples of what we all experienced during our 24 days.


JNU
JNU(ジャワハルネルー大学)では、約2週間に渡って、インドの先生方にヒンディー語や、インドの有名な曲を教わりました。そこで、日本語学科の生徒との素敵な出会いがありました。一緒に買い物に行ったり、ご飯を食べたりしました。最終日には、私たちのために、クロージングセレモニーを開いてくれました。みんなとても親切で楽しい学校生活を送れました。

JNUの教室 JNUの教室
JNU最終日インド人と日本人 JNU最終日インド人と日本人


Taj Mahal
アグラにある、インドを代表する世界遺産の一つです。世界一美しい墓と呼ばれ、外観は白く、所々にインド建築様式が組み込まれて、私達はその美しさと大きさに驚きました。

Hindi and Urdu Groups at the Taj Mahal Hindi and Urdu Groups at the Taj Mahal
Taj Mahalで女の子交流 Taj Mahalで女の子交流


アンベール城
ジャイプールにあるアンベール城での一枚。
お城の幾何学模様の内装や最上階からの素晴らしい眺望にみんなのテンションはMAXに。『THE青春』といった感じのジャケット写真を撮っていたら周りのインド人も笑いながら写真を撮ってくれました。
象に乗って城を登り、チップを多く請求されながらも上から見た景色は絶景でした。物売りもしつこいながらも楽しませてくれました。象に乗った写真を売りつけるために結構離れたところまで歩いてついて来たことには驚きました。

アンベール城 アンベール城
Elephants@アンベール城 Elephants@アンベール城


Elephant
アンベール城のふもとから頂上までゾウに乗って行きました。ふもとのゾウ乗り場には、たくさんのゾウが顔を出していてとても迫力がありました。実際に乗ってみた感想は、左右にとても揺れるので最初は怖かったですが、慣れてくるとゾウに乗っているという気持ちからとても興奮し、頂上に着いた後もまた乗りたいと思いました。


HOTEL
最終日。空港に行く直前に3週間一緒だったバスの運転手さん、アシスタントさんと2週間泊まったホテルの前で。長時間の大移動や私たちのわがままも聞いてくれたので3週間でとても素敵な思い出ができました。

ホテル ホテル


Camel
インドの西部砂漠地帯の街プシュカルでラクダに乗りました。普段は、遠くの街へ重い荷物を運搬するために重宝されています。ですが、この街では観光客向けに乗ることも出来ます。ゾウとは違い、ラクダは縦揺れで高低差があり乗り降りがとても大変でしたが、乗り心地は最高でした!

Camels Camels
Camels2 Camels2


Back in Japan
We returned to Japan on 24th September, and although the journey had been only a few weeks everyone had done and seen so much that was new. Japan seemed rather dull and quiet by comparison to India, but it was very nice to back home.

Back in Japan Back in Japan
このページのTOPへこのページのTOPへ