大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

法律学科

法律学科の先輩・先生の声

Daito Voice先輩・先生の声

法学部 法律学科

明石 真理恵さん

法律を学ぶことはその国を学ぶことだと私は信じています。

3年次に、学部留学プログラムを利用して、1年間イギリスの大学で学びました。イギリスは慣習法の国の一つで、昨日出された判決が今日の判決に影響を与える可能性もあります。判決の更新が頻繁に行われるため、授業で追う余裕はありません。そこで役立ったのが1年次のときに履修した「現代社会と法」でした。週に2回、法律学の基本を学び、授業ごとに復習テストがあったので基本的な法律用語は頭に刻み込まれていました。おかげで留学生活での貴重な時間をより効率的に使えました。
卒業後、再びイギリスへ渡り、オックスフォード・ブルックス大学大学院を修了。2011年6月にロンドンで就職しました。業務は人材管理です。イギリスは労働法の改正から施行までが速く、社員へアドバイスするには膨大な下調べと法律の知識が必要です。また親会社はインド、本社はオランダ、支社は欧州とアメリカのため、必要な法律の領域は複数の国にわたります。さらに国によって多岐にわたる保険法の知識も労働契約書を作成する上では欠かせません。幸い会社法と保険法は大学時代に学んでいたので、その知識が最大限に役立っています。
法律を学ぶことはその国を学ぶことだと私は信じています。法律とその成り立ちは国民の生活、信条そして基本理念を反映しています。これからどの会社でどんな仕事をしようとも法律学科で学ぶ基礎理念は必ず武器になるでしょう。

  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ