大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

政治学科

政治学科からのお知らせ

2016年12月22日

第4回政治学科ゼミ研究発表大会を開催

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

11月16日、23日の2日間に過去最多の5ゼミ8チームが参加

政治学科では、年一回、各ゼミが研究の成果を発表しあう「ゼミ研究発表大会」というイベントを開催しています。2016年度は11月16・23日の二週にわたって、第四回大会を実施しました。元々、この大会は「各ゼミ(専門演習)で日ごろ勉強している内容を、相互に発表し、ゼミを超えて学びあう機会を設けたい」という、ある学生の提案から誕生しました。その後、この「学生主導」という精神を後輩たちが受け継ぎ、今年度も学生が中心となって司会・運営を担当し、議論を盛り上げてくれました。

今年度は6つのゼミが参加し、過去最多となる8つの研究発表を行いました。また、そのテーマも「危機の中のEU」「核兵器の保有」などの国際的な問題から「都市・地方のごみ処理問題」など地域が抱える問題まで幅広く、発表後の質疑応答の時間には、報告ゼミ以外の学生から数多くの鋭い質問が提起されました。

 

この大会への参加は任意で、テーマは自由。「ゼミ単位」でも、(特にゼミに所属していない学生の場合)「個人」でも参加可能です。毎年、参加者は、何度もリハーサルを重ね、自分たちの勉強の成果を聴衆にわかりやすく伝えるよう、プレゼンテーションの仕方に工夫を凝らしています。ぜひ来年度以降も、高度で斬新な研究報告が登場することを期待しております。

  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ