大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 法学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

教員紹介

永井健晴

学歴

1971年3月 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
1978年3月 慶應義塾大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学
1983年6月 フランクフルト大学哲学博士号取得

学位

博士(哲学)フランクフルト大学

職歴

1990年4月 大東文化大学法学部教養課程助教授
1994年4月 同法学部教養課程教授
1995年4月 同法学部政治学科教授

著書・論文等

近現代ドイツ社会・政治理論
プラトン政治哲学

研究業績

著書・論文等

Natur und Geschichte ― Die Sozialphilosophie Max Horkheimers(Dissertation, Frankfurt-Goethe-Uni., 1983年)
ヘーゲル『法権利の哲学』(未知谷、1991年、共訳)
ユルゲン・ハーバーマスの政治理論(日本政治学会年報、2002年)
C・ソーンヒル『現代ドイツの政治思想家』(岩波書店、2004年、共訳)
R・マオラー『プラトンの政治哲学』(風行社、2005年)

  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 大学院法学研究科
  • 法務研究科
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ