大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

書道学科

書道学科の先輩・先生の声

Daito Voice先輩・先生の声

文学部 書道学科

永田 小夜子さん

生涯の目標となる師との出会い。「書」の魅力と奥深さが体感できます。

書道学科には、日本の書道界を代表する先生方が大勢いらっしゃいます。こうした高名な先生方から直接指導していただけるので、毎日がとても刺激的です。しかも大学や先生方が所蔵されている貴重な作品や資料をすぐ間近で見られたり、充実した学外での研修などを通してさまざまな書に接する機会もあり、たくさんの発見や感動を体験できます。また、書を通じて多くの仲間との出会いもあります。個性豊かな仲間たちとともに学び、いろいろな書に触れ、それらについて語り合うこともここで学ぶ楽しさのひとつです。

 

私が書の魅力に目覚めたのは、高校で古典に出会った時でした。さまざまな書体があり、いろいろな表現ができることにワクワクしたことを覚えています。この学科でも特に古典を重視していますが、書学関連の授業を通じて、単に〝書く〟とか〝表現する〟だけでなく、ひとつの学問としての書の存在に気づくことができました。書作家としての表現技法の習得や方法を学ぶ「書作コース」を選んだ私にとって、こうした授業は書をより深く理解し、表現の幅を広げるためにとても役立っています。

 

私はゼミで漢字作品制作を通じ、とても興味深い戦国時代の肉筆文字を研究しています。こうした素晴らしい環境のなかで「書」を学ぶことができ、本当に幸せです。

  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
  • ウェブシラバス
  • 大東文化大学日本文学科ツイッター
  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
  • ウェブシラバス
  • 大東文化大学日本文学科ツイッター
このページのTOPへこのページのTOPへ