大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

教育学科

教育学科の先輩・先生の声

Daito Voice先輩・先生の声

文学部 教育学科

奥村 菜月さん

教育を広い視点で見たら、先生になりたい気持ちが強くなりました。

幼稚園か小学校の先生になれたらいいな。小学生のころから、そんな夢を持ち続けていた高校2年生のころ、いよいよ目標を小学校の先生に定め、小学校教諭第一種免許がとれる大学に進むことを考えるようになりました。知り合いに大東文化大学を卒業して先生になった人がいたので、話を聞いてみるとしっかり学べることがわかったので、ぜひ入学したいと思いました。

 

実際に学んでみて、きっと大東文化大学でなければ、こんなに視野は広がらなかったと思います。他大学の教育学部に進学した友達の話では、教育に特化した授業が多くあるようですが、大東文化大学の教育学科はそうした授業に加えて、教育をもっと広い視点でとらえるカリキュラムも豊富です。たとえば「自然と環境」の授業では、実際に山登りをしたり、植物標本を作ったりしますが、理科に強い教師になりたいと思っている私にとっては、とても有意義な授業でした。以前から私は、すべてのことは教育に通じるという考えを持っているので、幅広い経験ができる大東文化大学で学べたのはほんとうによかったと感じています。

 

近い将来、先生になったら、子どもたちに面白い話がたくさんできる教員になりたいですね。みんなが知らない話、楽しい話、失敗した話など、相手にとっても自分にとっても無駄にはならないはずです。私のそんな話を聞いて、子どもたちの視野がもっと広がったら素敵だと思います。

  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
  • ウェブシラバス
  • 大東文化大学日本文学科ツイッター
  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
  • ウェブシラバス
  • 大東文化大学日本文学科ツイッター
このページのTOPへこのページのTOPへ