大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

英米文学科

英米文学科の先輩・先生の声

Daito Voice先輩・先生の声

文学部 英米文学科

島田 菜穂子さん

私の“大好き!”を集めて、ピーターラビット®の辞書を作りたいです。

子どものころから大好きだったピーターラビット®の世界。英米文学科を選んだのは、英語が好きでイギリス文学に興味を持っていたことと、何よりピーターラビット®の研究に力を入れていることを知って、ここしかないという気持ちになったからです。

 

授業では、ピーターラビット®などのイギリス文学をはじめアメリカ文学、有名作家や児童文学などさまざまなジャンルの作品を学びます。でもその前に、授業を受けてみて驚いたのは、多くが英語で行われること。最初は私もチンプンカンプン。そのため予習・復習は欠かせないし、授業中も電子辞書を使い、それでもわからない言葉は、片言の英語で先生に質問をする、そんな日が続きました。鍛えられて勉強して、その繰り返しのおかげで英語力はぐんとアップ。3年次には自然に授業が受けられるまでになり、入学当時の戸惑いが、いまではとても懐かしいです。

 

いろいろ興味深い授業はありますが、なかでも私のオススメは網代ゼミの辞書作りです。辞書の歴史や辞書の作り方など基礎知識を学びながら、4年次には実際に自分で辞書を制作します。私が作る辞書はもちろん、ピーターラビット®の登場人物などを集めた楽しい辞書。私だけのキュートな辞書の完成を想像して、今からワクワクしています。

  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
  • ウェブシラバス
  • 大東文化大学日本文学科ツイッター
  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
  • ウェブシラバス
  • 大東文化大学日本文学科ツイッター
このページのTOPへこのページのTOPへ