大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

教員紹介

門脇廣文

研究分野 中国中世の文学・中国文学批評史・中国美学史
担当講義 中国文学特別演習1(ゼミ)
中国文学特別演習2(卒論指導)
業績

『文心雕龍の研究』 創文社 [東洋学叢書](全500頁)
『二十四詩品』 明徳出版社[中国古典新書続編](全230頁)
陳尚君・汪涌豪共著 『司空圖《二十四詩品》の眞僞について』
『中國人民大學出版社《中國美學範疇辭典》譯注』(共訳)
陶淵明〈桃花源記〉小考―「世俗」と「超俗」のあいだに―
李白〈静夜思〉小考―その詩的構成の分析を中心にして―
佐渡多真子著『幸福?』集英社(監修)
『NHK中国語講座』漢詩漢文コーナー(監修)(2003年度放送)
『佐渡多真子 眼中的中国』BS-i(監修)(TBS系衛星放送で2003年放送)

新入生の皆さんへ

 中国学科はなにを勉強する学科なのでしょうか。文字どおり「中国学(Sinology)」を学ぶ学科です。では、「中国学(Sinology)」とは、何でしょうか。「中国学(Sinology)」とは、文学・歴史・哲学・思想・語学・書道芸術など多角的な学問分野から中国の伝統的文化について学ぶ学問のことを言います。本学の中国学科は、「中国学(Sinology)」の学習をとおして中国の伝統的文化をあらゆる角度から研究することのできる学科です。

 中国学科の教育上の第一目標は、東西両文化のバランスの取れた国際感覚をやしなうことです。当学科では、「中国学(Sinology)」を学ぶことによって中国の伝統的文化という異文化への理解を深めます。そのことによって、西洋文化の圧倒的な影響のもとにある現代の日本において、東西の両文化のバランスのとれた国際感覚をみがきます。

 しかし、それだけではありません。現代日本の文化のルーツである過去の日本への理解をやしなうこともその目的としています。日本は明治以前において、千五百年にわたって中国の伝統文化の影響を受けてきました。過去の日本を知るためには、中国の伝統文化を総合的に知らなければなりません。「中国学(Sinology)」科はそのような目的をもった学科でもあります。

 また、中国学科は、日本人であるわれわれの「アイデンティティ」を探求する学科であるとも言えます。「中国学(Sinology)」を学ぶことによって、異文化である中国の伝統的文化をまなび、そのことをとおして現代日本の文化のルーツである過去の日本の伝統文化を探求する。そのことはとりもなおさず、「現在」において「西洋文化」の圧倒的な影響のもとにある「いま」「ここ」に生きるわれわれ日本人自身の「アイデンティティ」をさぐることにもなるはずです。

ホームページ http://www.ic.daito.ac.jp/~kadowaki/
メールアドレス kadowaki@ic.daito.ac.jp

  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
このページのTOPへこのページのTOPへ