大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

教員紹介

中林史朗

研究分野 漢文訓読技術 中國古代中世四川地方史・中國古代中世文化史 中國書誌學・中國陶磁史(四十の手習い勉強中) 中國武侠映畫・小説(五十の手習い勉強中)
担当講義 中国史学基礎演習
中国史学特別演習(ゼミ)
中国史学購読1・2

出身地

島根県安来市

業績

『諸葛孔明語録』(明徳出版社)
『華陽國志』(明徳出版社)
『後漢紀』(共著、明徳出版社)
『三國志研究要覽』(共著、新人物往来社)
『商卜文集聯』(共著、省心書房)
『注定付之事の研究』(共著、東洋研究所)
『高麗史、暦志の研究』(共著、東洋研究所)
『藝文類聚訓讀付索引巻1~巻16・80・87』24冊(共著、東洋研究所)
『近出殷周秦漢金文収録』(共編、人文科学研究所)
『中国博物館~100館の収蔵物に見る文化とその歴史~DVD26枚』(共監、ポニーキャニオン)など

新入生の皆さんへ

《恭禧恭禧、同學各位、恭禧登第》
 秦旦・中国・CHINAを学ぶとは、はた一体何でありましょうや。漢文を讀むと、故事の意味・事柄の本質・物の真贋などが、良く分かったような氣になります。(本當に分かったか、單なる氣持ちだけかは、分かる人だけが分かります)そこで、漢籍や中國の文物・歴史・書畫・文化の好きな人、私と共にどっぷりと中國に浸りましょう。頭の先から足の爪先まで、チャイナ色に染まったら、諸君もそこそこの中國通、さあ、私と共に古書肆・骨董鋪を駆け巡り。

《何是真實、何是虚僞、何是真品、何是贋品》
 見極めるのは、あなた自身です。ですから今後の4年間で、あなた自身の目を耳をそして頭脳を研ぎ澄まして下さい。大學では先ず何事(例え教員の言葉でも)にも疑いの目を向けることが重要です。學問は、疑ってかかる所から第一歩が始まるのです。

《提疑是學問的母也、分析是學問的父也》
 でも勉強ばかりしていると、つまらない大學生活になります。因って良く遊ぶことが重要です。遊び心の無い人は、幅の有る學問が出来なくなる可能性が生じます。中國學(シノロジー)は境目の無いボーダレスないい加減さが重要です。故に皆様は、いい加減な感性を持ちながら真面目に遊び且つ真面目に學問致しましょう。真面目な感性で不真面目に遊び且つ勉強した結果、とてもつまらない大學生活を送った私自身の真面目な反省に立った、皆様へのメッセージです。

《自今以后、倶與游遊於中國之學海!》
 さあ、私と一緒に古陶磁・書畫のお寳を弄くり回し、ワイヤーロープアクションとCGを駆使した武侠映畫や武侠テレビを看まくって、鄭少秋・梁朝偉・劉徳華・趙薇・林心如・章子怡等とお友達になりましょう。それが嫌なら宮城谷氏の小説だって、篁なつき氏の漫畫だって、藤崎版の『封神演義』だって、將亦『天の華・地の風』『蒼天航路』『SWEET三國志』『ストップザ劉備くん』だって、更に又た周セン・鄭麗君・王菲・張恵妹の歌だって、上海夜鶯のコミックユニットだって、何だってかまいません。何でも有りのCHINAと言う玩具箱をこじ開けて、好き勝手にぐるぐる掻き回し、四年間を目一杯樂しみましょう。

ホームページ http://www.ic.daito.ac.jp/~oukodou/index.html

  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
このページのTOPへこのページのTOPへ