大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 文学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

教員紹介

高木厚人


仮名文字は私達日本人の祖先のつくりあげた最も尊い文化遺産です。その文字は日本語の意味内容を伝える役割と共に美をも備えたものとして平安時代に発展しました。今日まで1,000年もの間綿々と伝えられてきた仮名文字の美を後世に伝えることは大切な仕事です。私達はその作業に取り組むと同時に伝統の上に立った新たな仮名書美を創造しようと努力しています。皆さんも仮名書の美しさにぜひ触れてみませんか。

担当ゼミ : 仮名作品制作演習

平安時代中期に書かれた、仮名古筆の美しさの解明を試みる。その美しさを支える原理を探りながら、臨書をすることでその美の本質に迫り、現代に響く作品の制作を目指す。

2011年度活動報告

作品発表

・第65回書芸院役員展    大阪国際会議場        平成23年3月
・第42回臨池会書展      大阪国際会議場        平成23年5月 
・第95回書教展        江戸川区立タワーホール船堀  平成23年7月
・第28回読売書法展      国立新美術館         平成23年8月
・第63回千葉県展       千葉県立美術館        平成23年10月
・第43回日展         国立新美術館        平成23年11月
・第65回現代書道二十人展   上野松坂屋・高島屋大阪店・松坂屋美術館
平成24年1月
・第12回臨池会新春展      銀座画廊美術館        平成24年1月

展覧会審査

・第27回読売書法展審査進行   池袋サンシャインシティ文化会館 
平成23年7月
・第61回佐賀県美術展覧会審査 佐賀県立美術館    平成23年11月14日

海外出張

・デンマーク オートラップゴー美術館・リトアニア ビリニュス大学・エストニア タリン大学
                       平成23年3月24日~31日

  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
  • 大学院文学研究科
  • 教員情報検索
このページのTOPへこのページのTOPへ