大東文化大学 環境創造学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 環境創造学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

環境創造学部からのお知らせ

2018年03月05日

2017年度 環境創造学部 卒業研究発表会開催

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア
2017年度環境創造学部卒業研究発表会が2018年3月5日に開催された

 

2017年度の環境創造学部卒業研究発表会は、2018年3月5日(月)9時半より板橋キャンパス30103/04教室で開催された。

植野一芳学部長の開催の挨拶に続いて、7名の学生が卒業研究を発表した。

 

田中雄也(福島ゼミ) 

    「運動と食がもたらす身体の変化」

盛田彩野(植野ゼミ) 

    「陸上競技を通して考える未来」

須永時生(小湊ゼミ) 

    「日本人の選挙に対しての関心」

中島拓哉(飯塚ゼミ) 

    「マルチエージェントシミュレーションを用いた避難行動に配慮した座席配置の検証」

重田竜耶(橋本ゼミ)

    「落葉分解者の分類群の違いによる物質循環の貢献度の比較」

高橋弥生(島田ゼミ)

    「再生可能エネルギー ~野田市に再生可能エネルギーを普及させるには~」

小森健太(齋藤ゼミ)

    「スポーツによる地域活性化に関する研究 ―スポーツクラブとしてのJリーグを対象として―」

 

 

発表会は、橋本みのり教務委員会委員長の司会のもとに進められ、各人は発表後に先生方からの質問や助言を受けた。

全員の発表が終了した後、先生方からの講評があり、各発表者には山口由二学科主任より記念品が贈呈された。

最後に、発表者と先生方の記念撮影が行われ、今年度の発表会は閉幕した。

このページのTOPへこのページのTOPへ