大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー

スポーツ・健康科学部 メインメニュー

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

健康科学科

健康科学科の先輩・先生の声

Daito Voice先輩・先生の声

スポーツ・健康科学部 健康科学科

山本久恵さん

臨床検査技師という夢に向かって人の身体を学ぶ毎日は、驚きと発見がいっぱいです。

特に実習の時間が楽しく学べています。自分の体液を検体にして分析技術を学んだり、学生同士で心電図やエコーの測定をしたり、最近は採血の実習をしました。事前に人形を使って練習をしましたが、実際にクラスメートの腕に針を刺す瞬間はドキドキ。採血を経験して、人間の身体は意外に固いことがわかって驚きました。



私が臨床検査技師をめざすきっかけになったのは、自分の周りにガンで亡くなる人が多く、自然と医療やガンに興味を持ったからです。そのうちに、ガンの研究を通してたくさんの人を治す手助けをしたいという夢がふくらみ、最新設備が整っているこの大東文化大学で学んでいます。授業を通じて、ガンの早期発見に欠かせない「細胞検査士」という資格を知ったので、将来はこの資格にもチャレンジしたいです。

  • コミュニティサイト
  • 大学院スポーツ・健康科学研究科
  • スポーツ科学科公認twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • コミュニティサイト
  • 大学院スポーツ・健康科学研究科
  • スポーツ科学科公認twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ