大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー

スポーツ・健康科学部 メインメニュー

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

健康科学科

健康科学科の先輩・先生の声

Daito Voice先輩・先生の声

スポーツ・健康科学部 健康科学科

由利麻衣子さん

とても恵まれた環境の中で、臨床検査技師になる夢に近づいています。

高校の生物の授業で、遺伝子のわずかな違いによってまったく性質の違う人間が生まれることを知り、とても感動したことがありました。そんなとき、入院した祖父のお見舞いで病院に何度か行きました。そこで、いろんな検査を担当していた臨床検査技師という仕事に魅力を感じ、私も誰かのために自分の興味を役立てたいと思って臨床検査技師をめざしました。

 

最新鋭の実験・計測装置が設置され、高度な実験や手法を試すことができる恵まれた環境が、この学科の魅力のひとつ。授業では自分の検体を顕微鏡で観察したり、血液型判定をしたり、採血、心電図、エコーの測定などの実習も行っています。特に自分の体の遺伝子を直接見ることができる遺伝学は、毎回とても刺激的で大好きな授業のひとつです。

 

直接患者さんと向き合うことが少なく、裏方と思われがちな臨床検査技師の仕事ですが、実は患者さんと密接な関係にあることを学ぶことができ、よりこの仕事への愛着もわいています。いま私は国家試験合格という目標に向かってがんばっていますが、この学科の半数以上の学生がめざしているのが臨床検査技師。この他にも、食品の製造工程を管理する食品衛生管理者や、塗装工場などの有害物質を調査する作業環境測定士など、ヒトの健康に役立つ資格の取得につながる勉強もできます。

  • コミュニティサイト
  • 大学院スポーツ・健康科学研究科
  • スポーツ科学科公認twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • コミュニティサイト
  • 大学院スポーツ・健康科学研究科
  • スポーツ科学科公認twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ