大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー

スポーツ・健康科学部 メインメニュー

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

教員紹介

高橋進

1.略歴
 学歴:東京学芸大学大学院教育学研究科保健体育専攻 修士課程
 職歴:関東学園大学 教授 兼附属高等学校 副校長
    大東文化大学スポーツ・健康科学部健康科学科 教授
 学位:修士(教育学)

2.専門領域と所属学会
 専門領域:体育科教育,体育心理学,柔道
 所属学会:日本体育学会,日本武道学会,学生相談学会

3.現在の研究テーマ
 柔道授業に構成的グループエンカウンターを導入した場合の効果について

4.学部で行っている授業
 総合体育,教科教育法(保健体育),スポーツ実技柔道,武道方法演習

5.学生に期待するもの
 克己心の涵養

6.本学科志望者へ一言
 学生でなければできないことが沢山あります。学習,遊び何でも積極的に挑戦して下さい。

7.研究業績
 原著(代表的なものを5編)
 1)大学生と高校生の柔道に対する態度の差異について-認知的側面と感情的側面の比較-,
   武道学研究22-1:33-44,平成元年7月31日.
 2)柔道学習者に対する原因帰属様式が運動に関する自己の有能感に及ぼす影響について-男子高校生の場合-,
   関東学園大学紀要,19:101-107,平成4年2月15日.
 3)Computerization of Official Reports in Judo Contests with Computers,
   武道学研究,26-3:1-14,平成6年3月30日(英文).
 4)青年期女子の柔道に対する意識について―青年期中期の女性を対象として―,
   講道館柔道科学研究会紀要,第Ⅷ輯,159-178,平成11年3月.
 5)柔道授業に構成的エンカウンターを導入した場合の効果について,
   講道館柔道科学研究紀要,第Ⅸ輯,157-179,平成14年3月.

 著書・総説(代表的なものを1~2編)
 ・心を揺する楽しい授業話題源体育 執筆分担;「柔道」:(p482-488,490-496),東京法令出版,平成2年
 ・ジュニアのためのスポーツ科学 太田スポーツ学校,平成17年

8.趣味
 スキー,山登り


E-mail: stakahashi@ic.daito.ac.jp

  • コミュニティサイト
  • 大学院スポーツ・健康科学研究科
  • スポーツ科学科公認twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • コミュニティサイト
  • 大学院スポーツ・健康科学研究科
  • スポーツ科学科公認twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ