大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 スポーツ・健康科学部/多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー

スポーツ・健康科学部 メインメニュー

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

教員紹介

山﨑まどか

1.略歴


 学歴

  2003年 東京医科歯科大学 卒業


  2005年 東京医科歯科大学大学院 博士(前期)課程修了


  2007年 トロント小児病院 臨床神経生理学部門


  2009年 東京医科歯科大学大学院 博士(後期)課程修了


 


 職歴


  財団法人神経研究所附属 代々木睡眠クリニック 非常勤


  慈恵医科大学附属病院 中央検査部 非常勤


  カリフォルニア工科大学 生物学部・神経計算システム科 研究員


  聖隷浜松病院てんかんセンター 脳波専門技師


  東京医科歯科大学大学院 非常勤講師


 


 資格


  臨床検査技師免許取得


  日本臨床神経生理学会 脳波認定技術師


 


 学位


  博士(保健学)


 


2.専門領域と所属学会


 専門領域


  臨床神経生理学


 所属学会


  日本てんかん学会


  日本臨床神経生理学会


  臨床神経生理技術講習会・東京 世話人


 


3.現在の研究テーマ


 高密度脳波をもちいた信号源推定の精度に関する研究


 


4.担当授業


 生理学


 生理学実習


 解剖学実習


 生理学特論B


 


5.学生に期待するもの


 よく考え、自らの意志で行動すること


 


6.本学科志望者へ一言


 本学では資格取得だけを目標にするのではなく、さまざまな専門科目を学ぶことを通して、


 自身の将来像をしっかりと描くことができるでしょう。


 


7.研究業績


 原著(抜粋)


 ・Yamazaki M, Tucker D.M, Fujimoto A, Yamazoe T, Okanishi T, Yokota T, Enoki H, Yamamoto T.


  Comparison of Dense Array EEG with Simultaneous Intracranial EEG for Interictal Spike


  Detection and Localization. Epilepsy Research, 98:166-173


 ・Yamazaki M, Chan D, Spinoza Z.T, Go C, Imai K, Ochi A, Chu B, Rutka JT, Drake J, Widjaja E,


  Matsuura M ,Snead O.C.III, Otsubo H. Interictal epileptogenic fast oscillations on neonatal and


  infantile EEGs in hemimegalencephaly. Epilepsy Research, 83:198-206


 ・Chan DW, Yamazaki M, Akiyama T, Chu B, Donner EJ, Otsubo H.


  Rapid oscillatory activity in delta brushes of premature and term neonatal EEG


  Brain Dev. 32(6):482-6


 ・Tsuchiya N, Moradi F, Felsen C, Yamazaki M, Adolphs R.


  Intact rapid detection of fearful faces in the absence of the amygdala. Nature Neurosci.


  12(10):1224-5.


 ・山﨑まどか, 山本貴道. Dense array EEG (高密度脳波)の実際とてんかん外科への応用. 


  メディカルレビュー社 Epilepsy Vol. 4 No.1, 47-53


 ・山﨑まどか, 山本貴道. 高密度センサー脳波計測システム(dense-array EEG)を用いた


  てんかんモニタリングの経験. 聖隷浜松病院医学雑誌, 第9巻第1号21-27


 ・山﨑まどか, 松浦雅人. 成人基礎脳波. 医学書院, 検査と技術, Vol.36 No.6


 ・山﨑まどか, 越智文子, 秋山智之, 大坪宏. てんかん高周波振動の意義. 


  メディカルレビュー社 Epilepsy, Vol.2 No.1, pp51-58


 ・山﨑まどか, 前原健寿, 大久保善朗, 松浦雅人.


  側頭葉てんかんにおける発作時緩電位変動記録の有用性


  -側頭葉内側硬膜下電極を用いた検討-.


  臨床神経生理学, 33: pp542-547


 著書


 ・睡眠検査学の基礎と臨床, 新興医学出版社, 分担執筆, pp 117-121


 ・てんかん診療のクリニカルクエスチョン194, 診断と治療社, 分担執筆, pp 51-54, 167


 ・臨床神経生理検査の実際, 新興医学出版社, 分担執筆, pp 304-322


 ・睡眠障害診療のコツと落とし穴, 中山書店, 分担執筆


 ・臨床神経生理技術講習会・東京, 2005年版テキスト, 分担執筆, pp 307-324

  • コミュニティサイト
  • 大学院スポーツ・健康科学研究科
  • スポーツ科学科公認twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • コミュニティサイト
  • 大学院スポーツ・健康科学研究科
  • スポーツ科学科公認twitter
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
このページのTOPへこのページのTOPへ