書道 (篆書) 1

受付終了

[ 講座概要 ]

古代文字の魅力に触れる

「篆書」を学習する利点は、楷書にはない古代文字がもつ特有の造形的な魅力や、今日使用している文字の字源、成り立ちなど、新たな文字の一面が見えてくることです。「篆書」は、特殊な字形や筆法から1人では始めにくく、難しいイメージを持たれる書体です。

この講座を利用することで、これらの問題を1つずつ解決し、古代文字を学ぶための基盤を養ってもらいたいと思っています。90分の講座では、前半で古代文字についての知識を深めてもらうための、簡単な講義を行います。本講座では今回、共通課題として金文(西周時代)を扱う予定ですが、初めて篆書に挑戦される方は筆法と基礎から始めます。また、6回目に大東文化大学板橋図書館での学習を行う予定です。

【持ち物】 書道用具一式

【テキスト】 
『書道テキスト5篆書』 大東文化大学書道研究所編 新井光風執筆 二玄社 1,944円(税込)
講座の初回に教室で販売いたします。

※ ご希望の方には、講座初回に書道用具専門店による用具の斡旋販売をいたします。

※ 冬期クラスについてはこちら (講座402) をご覧ください。

講座コード 講座回数 定 員 受講料
(一般)
受講料
(本学学生)
一回受講券
006 全10回 12名 25,000円 20,000円 × (利用不可)
講  座  名 講  師 日   程
書道 (篆書) 1
角田 健一 木曜日 10:55~12:25
10月 5日、 12日、 19日、 26日
11月 9日、 16日、 30日
12月 7日、 14日
1月 11日
( 11月2日、23日 休)

角田 健一
大東文化大学文学部書道学科専任講師

雅号:大壤。博士(書道学)。専門は漢字の書(篆書)、中国書学(主に金文研究)。日展入選(2007~13)、改組新日展入選(2014~16)。読売書法会理事、謙慎書道会常任理事、成田山全国競書大会地区統括者、書学書道史学会幹事。

大東文化大学ホームへ