中国水墨画

受付中

[ 講座概要 ]

伝統の技とこころ

水墨画は東洋ならではの環境と感性で生まれた素晴らしい表現です。東洋人にとって心の故郷の様な気がします。『気韻生動』を究極の目標とする中国水墨画を学びます。大胆な筆法と典雅な色使い、運筆の妙や幻想的墨潤、他の画種にはない魅力を体感していただければと思います。

今回の講座では前半は古典山水と花鳥の臨画を通じ、墨の滲みや線の曲直などを学びます。後半は四季の草花と風景を中心に墨の筆への含ませ方、墨色、運筆、濃淡の階調、色合いなど受講者のレベルに合わせ、各自の良さを伸ばしていきたいと考えています。

【持ち物】 筆 (大、中、小) 3種程度、 墨、 紙、 溶き皿、 顔料 (12色)

【テキスト】 本講座用の手本のプリント 1セット 1,000円

※ ご希望の方には、講座初回に大東文化会館近くの書道用具専門店をご紹介いたします。

※ 冬期クラスについてはこちら (講座403) をご覧ください。

講座コード 講座回数 定 員 受講料
(一般)
受講料
(本学学生)
一回受講券
026 全8回 20名 20,000円 16,000 円 × (利用不可)
講  座  名 講  師 日   程
中国水墨画
姚 小全 火曜日
13:00~14:30
10月 3日、 10日、 17日、 24日、 31日
11月 7日、 14日、 21日

姚 小全
河北大学工芸美術学院客員教授

中央美術学院(北京)中国画系卒業。専門は書道、中国画、篆刻。画室三昧樓主宰他、創作・個展を中心に活動中。2009年秋京都醍醐寺霊宝館で個展(作品は奉納)。

大東文化大学ホームへ