万葉集

受付中

[ 講座概要 ]

万葉集の鑑賞 

短歌1首を約30分で鑑賞し、『万葉集』の感動をみなさんと一緒に追体験したいと思います。 歌に関する万葉時代の風俗・習慣・信仰・法や歌の作者について説明します。歌は私が音読しながら、語句の意味や歌の意味を丁寧に説明します。更に、作者が伝えたかった感動(喜怒哀楽など)を明らかにします。したがって、受講者のみなさんを指名することはいたしません。しかし、質問は歓迎します。 

文法は必要に応じて説明します。ですから、歴史的仮名遣いの読み方や古語の意味や文法をすっかり忘れてしまった人も心配ありません。気楽に参加してください。古語辞典も文法の本も不要です。およそ1300年前の万葉びとの感動を一緒に味わいましょう。お待ちしております。

【テキスト】 
『新選万葉集抄 新装版』 小野寛著 笠間書院 1,728円(税込) 
講座の初回に教室で販売いたします。


講座コード 講座回数 定 員 受講料
(一般)
受講料
(本学学生)
一回受講券
102 全5回 30名 9,000円 7,000 円 ○ (利用可)
講  座  名 講  師 日   程
万葉集 久保田 栄一 水曜日13:15~14:45
10月 11日、 25日
11月 8日、 22日
12月 6日

久保田 栄一
元大東文化大学文学部講師

大東文化大学大学院文学研究科日本文学専攻単位取得退学 文学修士。専門は上代文学(万葉集)。代表論文に「柿本人麻呂の死-「臨死」の場所をめぐって-」。短歌「ケノクニ」会員。

大東文化大学ホームへ