遊びの美術・初歩からの万華鏡つくり

受付終了

[ 講座概要 ]

テレイドスコープをつくる 

万華鏡(カレイドスコープ)は、200年ほど前にスコットランドの物理学者デヴィット・ブリュースターによって発明されました。現在では色々な種類の万華鏡があり、年齢を問わず多くの人が楽しんでいます。 

本講座では、周囲の景色を取り込んで見ることができるテレイドスコープをつくります。アクリルパイプを本体筒として、その内側に各自が制作した模様紙を入れて装飾します。 

出来上がったテレイドスコープを覗くと、周囲の景色がすべて万華鏡の世界に変わります。 エプロン程度の作業着と手拭きタオルを用意してください。3回続きで制作しますので休まないようにお願いします。

【持ち物】 筆記用具、エプロン等の軽作業着、汚れてもよいタオル

◆ 教材費別途 2,000円 講座初回に教室で徴収いたします。


講座コード 講座回数 定 員 受講料
(一般)
受講料
(本学学生)
一回受講券
118 全3回 12名 7,500円 6,000 円 × (利用不可)
講  座  名 講  師 日   程
遊びの美術・初歩からの万華鏡つくり 関井 一夫 水曜日 15:15~16:45
10月 4日、 11日、 18日

関井 一夫
大東文化大学文学部准教授

東京芸術大学大学院美術研究科工芸専攻修士課程修了 芸術学修士。専門は工芸。著書論文に「金工の埋蔵物-「湯床吹き」と「鍛金」をめぐって」。1994年第44回埼玉県美術展高田誠記念賞受賞。さいたま市美術家協会副会長。

大東文化大学ホームへ