書道 (篆書) 冬期クラス  (会場:板橋キャンパス)

受付中

※ 冬期クラスの申込締切日は11月30日(木)です。

[ 講座概要 ]

古代文字に挑戦 

篆書は一般的に、「最も難しい書体」のイメージが付きまといます。これは篆書を始める上で、基本的な知識や複雑な筆法を必要と想像されることが多いことが一因に挙げられます。もちろん基礎知識はどの書体にも必要ですが、篆書においては、これを独学で学ぶのは容易ではありません。本講座は3回の短期間ですので、受講者の皆さんの経験に合わせた指導を行います。 

篆書をこれから始めたい方や、書道初心者の方には篆書の基礎学習を中心に、簡単な知識を学んで頂こうと思います。篆書の経験者の方は、古典を自身で選び、自由な紙の大きさで学習して頂きます。 

短い期間ですから、個人個人に与えられた、また目標とした課題を一つでもクリアできることが本講座における最終的な目標です。

【持ち物】 書道用具一式

※ ご希望の方には、講座初回に書道用具専門店による用具の斡旋販売をいたします。

講座コード 講座回数 定 員 受講料
(一般)
受講料
(本学学生)
一回受講券
402 全3回 12名 7,500円 6,000円 × (利用不可)
講  座  名 講  師 日   程
書道 (篆書) 冬期クラス
角田 健一 木曜日 10:55~12:25
1月 25日
2月 15日、 22日

角田 健一
大東文化大学文学部書道学科専任講師

雅号:大壤。博士(書道学)。専門は漢字の書(篆書)、中国書学(主に金文研究)。日展入選(2007~13)、改組新日展入選(2014~16)。読売書法会理事、謙慎書道会常任理事、成田山全国競書大会地区統括者、書学書道史学会幹事。

大東文化大学ホームへ