大東文化大学英米文学科 Department of English and American Literature

学科紹介
英米文学科概要
先生・ゼミ紹介
カリキュラム
資格取得
受験生向け情報
卒業後進路
英米ってなに!?
ギャラリー
FAQ

TOPページ

学科紹介 | Introduction

網代 敦 Atsushi Ajiro

皆さん、こんにちは。人生は笑みを絶やさず、報われなくても、こつこつと自分の道を進むこと、これに自信を持ちましょう。



■ 教えている科目とその内容(What do you teach?)

ゼミナールでは、「英語の辞書・辞典類のことを知ろう」というのがテーマです。英語学演習では、英語の歴史的発達を追いながら、英語と時代的背景・文化との接点を取り上げています。


■ 先生の研究テーマ(What are you researching?)

700年から1150年ごろの古英語(Old English)が興味の対象です。特に、『ベオウルフ』(Beowulf)という英雄叙事詩の写本テクストと刊本テクストの比較を行っています。


■ 週末は何をしていますか?(What do you do on the weekend?)

子供の頃から親しんできた多摩川で、子供とともによく魚と戯れています。釣りが好きです。集中して浮きを見ていると、一切のことが忘れられます。そして自転車でぶらぶらすることも週末の楽しみです。





■ 好きな言葉はなんでしょう?

誠実、これ一言。


■ 専門のおもしろさを語ってください!

1300年以上も昔の古英語で書かれた作品に接することは、まるで文献を通して考古学を行っているようで、いろいろなロマンスが感じられるところです。時間的にも空間的にもかけ離れた文献に触れ合うことで、当時の人の息遣いを現代において耳にする体験ができることに喜びを感じます。


■ 受験生に向けてのメッセージをお願いします!

物事を長期にまたがって考えることの大切さを!例えば10年間、何かにじっくりと取り組む心のゆとりを見出して欲しいと思っています。





ゼミ所属学生から見た、先生の紹介文


・網代先生は、常に私たち生徒一人一人の意見を尊重してくれますし、私たちの意見を真剣に考えてくれるとても優しい先生です。そんな網代先生のゼミは、とてもアットホームで皆がまるで家のようにくつろげる空間です。

・網代先生はとても真面目ないい先生です。授業中も真面目にやってくれていますし、いいゼミナールだとおもいます。

・私たちの疑問にも丁寧にこたえてくれ、とてもフレンドリーな楽しい時間がすごせます。

・網代ゼミはとにかく自由な雰囲気で、一人一人の意見を大事にしている授業です。とりあえず・・・楽しいので是非ヨロシク!

・網代ゼミはみんな仲良くなれるひとつのファミリーだと思います。みんな温かくなれる場所です!




先生紹介へ戻る