英語学科 教員紹介

専任教員

●教 授

阿出川 祐子 英米言語文化学(英米文学を含む)
英米言語文化研究・英語圏の文化に関する文学、芸術、人々の考え方、制度、習慣等の実際と理論を学ぶ。

出水 慈子 20世紀仏文学と思想・西アフリカ口頭伝承
フランス実存主義作家、思想家(博士論文はJ.P.サルトル)。西アフリカの口頭文化とその伝承者集団グリオ。

大月 実 意味論、認知言語学
言語(とコミュニケーション)の本質に深い関わりのある名前・命名について理論を構築しています。

奥田 祥子 第1及び第2言語習得
人間はいかに母語及び外国語を学ぶか、また言語の効果的な学習方法についての研究。

北林 光 ヨーロッパ研究(イギリス文化史)
15-18世紀のヨーロッパ言語文化、特にイギリス文化史(トマス・マロリーの作品を出発点として)を研究します。

鈴木 敬了 英語歴史言語学とコーパス言語学
英語には1500年もの歴史があり、その変化をコンピュータで
解析し新たな発見を見出そうとする分野。

高尾 謙史 19世紀フランスの文学と思想
ナポレオン登場後の19世紀のフランスで人々が何を考えていたかを、小説や哲学などを通して研究しています。

竹田 宏 フランス古典主義演劇
フランス17世紀古典主義を代表するジャンルである悲劇・喜劇について、特にラシーヌの悲劇研究が中心。

中込 啓子 現代のドイツ語圏文学、ジェンダー研究
現代の小説や思想の言葉を手がかりに、社会の中で人間が生きる意味は何か、ジェンダー問題とは何か考えます。

西川 栄紀 英語教育学・応用言語学
言語感覚養成型・小中高大対応型の使える英語力が身につく脳科学のコミュニケーション英文法を研究します。

平林 幹郎 音韻論、英語音声学、英語学、言語学
英語の深い研究には、音韻論、音声学、さらにドイツ語やフランス語の知識が必要です。

望月 昭彦 英語教育学/応用言語学
1.英語学力の測定と評価法、コミュニカティブ・テストの作成法、2.ライティングの指導法及び、評価法を研究しています。

山崎 俊次 英語コーパス言語学
電子化されたコーパス(言語資料)を、コンピュータを使って、文法、語法、英語教育等の観点から言語解析する。

渡辺 良彦 生成文法統語論・英文法
生成文法の枠組みで、人間の言語を支配する規則や原理がどのようなものかについて、英語を中心に研究する。

●特任教授

ジェフリー・ジョンソン 比較文化(comparative culture)
英語・日本語・スペイン語で比較文化、特に日本の俳句(松尾芭蕉など)を研究しています。

●准教授

岡本 和子 ドイツ近代文学
ドイツの批評家ベンヤミンを主たる研究対象として、言語とは何か、芸術作品とは何か、について考えています。

佐藤 千津 イギリスの異文化理解教育
現代イギリス社会の多文化性の形成メカニズムや異文化理解のための教育に関する研究。

白井 春人 フランス演劇/仏語教育法
18世紀フランスの劇作家Marivaux研究から、舞台芸術の現在の発展に関しての研究まで幅広く行っています。

姫田 麻利子 フランス語教育、異文化間教育
外国語を学ぶとき外国の文化との関係はどう更新されるのかを、欧州の研究者と連携しながら研究しています。

米山 聖子 音声・音韻論、心理言語学
日本語母国語話者がどのように日本語や英語を理解しているかについて、実験的手法を用いて研究しています。

ロバート・J・シグレー コーパス言語学、社会言語学
英語の慣用法における変異と変化を記述し、説明することを研究しています。

●講 師

荒又 雄介 近代ドイツ文化・文学
産業の発達や社会の変化に人々がどのように対応していくのかを、文学作品を手掛かりに考察しています。

梅本 孝 認知言語学、応用言語学
認知言語学の枠組みで、特に文法化(grammaticalization)の視点から英語の文法の変化について研究を行っています。

ゲーブリエル・A・リー 第2言語習得、言語教育、テスト学
流暢さ(単純な英語を速く簡単に理解する能力)と語彙力と英語の熟達度の間の関係を研究しています。

須嵜 文明 低地ドイツ語及びドイツ方言
かつて北部ドイツを中心に使用されていたのが低地ドイツ語。その語形変化及び、分布状態の研究。

中尾 千鶴 生成文法統語論、日英比較統語論 
生成文法理論の枠組みにおける日英比較統語論研究が専門です。現在は、種々の削除構文を取り上げて、普遍文法の観点からの説明に取り組んでいます。

藤井 康成 会話分析、翻訳通訳論
自然な会話を複数の文化圏で収集し、文字化したデータを言語構造や文化の違いなどの視点から比較対照する。

●特任講師

松本 明子 英語教育、ESP
ESPとはEnglish for Specific Purposesの略。主に日本企業で求められる英語力について研究しています。

P0_itabashi29.jpg