大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

活躍する大東人

あの人このひと

活躍する大東人に戻る

チームを引っ張り、狙うはトップ

後村茜さん

「アルペンスキーの新星」―高校1年生ながら全国高校女子回転で優勝した後村茜さん(スポーツ科3年)は、入学後も全日本学生大会で優勝するなど、その呼び名にふさわしい活躍を続けている。

青森県の八戸で生まれ、3歳で自衛隊にてスキーを指導する父の影響でスキーを始めた。5歳から小学校3年生までは北海道に引っ越して、レーシングチームに所属しながら数々の大会に出場した。八戸に戻ってからも、大人に混じってチーム練習を重ね、中学3年生の時には「飛び級」で東奥義塾高校のスキー部練習に参加。そのまま同高に入学し数々の全国大会に出場した。

順風満帆な競技生活を送ってきた後村さんだが、試練を迎える。高校3年生のシーズン入ってすぐの一番大事な時期に脱臼と剥離骨折をしてしまう。結局、高校最後のシーズンは出場かなわず、「自分が出ていない大会で、他のメンバーがいい成績を残すのを見ているだけの日々で、焦りと不安の毎日だった」。そんな時に心の支えになったのは監督や他の仲間からの温かい言葉。「一人で競技をしているわけではない。ケガでもできることをしてチームのために貢献しよう」と決意して縁の下の力持ちとしてチームのために尽力した。

本学入学を決めたのは、同じ東奥義塾のOBで本学スキー部の今井五朗監督の存在が大きかった。入学後、一番驚いたのは、勉強も練習同様取り組む周囲の姿勢で、他競技の選手も数多いこともあり「負けられない」と刺激を受ける毎日だという。

そんな後村さんの趣味は「食べること、寝ること」。美味しいものをお腹いっぱい食べて、よく寝て成長し続けています、と笑う。

3年生となり、「チームとして皆を頑張らせるよう上級生として引っ張りたい」と話す。目標は、インカレや全日本大会での優勝を重ね、ワールドカップなど国際大会に出ること。「常にトップを狙いたい。そのためにやることはひとつ」。新星の輝きは未来へと続く。

(2013年4月)

  • オープンキャンパス・進学説明会・大学見学
  • 資料・願書請求
  • 大東SPORTS
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 情報公開
  • DBポータル
  • コンテストのご案内
  • 認証評価
このページのTOPへこのページのTOPへ