大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

活躍する大東人

あの人このひと

活躍する大東人に戻る

英語学科2003年度の卒業生

小出真保さん

小出真保さん 

タレント優香のモノマネで時の人となったお笑いコンビ、「麦芽」の小出真保さん=写真左=は本学英語学科2003年度の卒業生。取材した日は、仕事時以外は石油を使用した製品を使わないで生活するという番組の企画を実践中だった。体を張った仕事も慣れてきましたと笑う。

「内気な性格が嫌だった」
大学入学を機に性格を変えようと努力した。好きなベルギーの漫画「タンタンの冒険旅行」を原文で読みたくてフランス語も猛勉強。でも、どんなことよりも、放送協会でのサークル活動が大学生活で最も充実していたという。小さいころからラジオのお笑い番組を、毎日夜更かしして聴くほどのラジオ好きだったと目を細める。

卒業後は俳優を目指すが、思うような結果が出ずに迷う日々が続いた。そんな時ひょんなきっかけで、太田プロダクションの「芸人募集」の文字をホームページで見付け軽い気持ちで受けた。合格率10%程の狭き門だったが合格できた。

お笑いの経験はなくネタも書けずに、マネジャーに怒られてばかりの毎日だったが、役者よりは面白かった。「やっぱり私にはお笑いのほうが向いている」と根拠のない自信がわいてきた。その後、現在の相方、鈴木さんと出会いコンビを結成。当初、鈴木さんだけがモノマネをしていたが、ネタの幅を広げるため探し当てたのが優香だった。

転機はフジテレビ系列「とんねるずのみなさんのおかげでした」のモノマネコーナー。オーディションを相方の付き添い気分で受けたが、自分だけ勝ち続け番組出演をつかんだ。番組では特別賞を受賞。「自らの力で受賞以上に結果を残せたこと、そして、収録で目立てたことが何よりうれしかった」と、芸人魂を見せた。

大東文化大学卒業の芸能人は「小出」と言われるようになりたいと語った。

(2008年6月)

  • オープンキャンパス・進学説明会・大学見学
  • 資料・願書請求
  • 大東SPORTS
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 情報公開
  • DBポータル
  • コンテストのご案内
  • 認証評価
このページのTOPへこのページのTOPへ