大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

活躍する大東人

あの人このひと

活躍する大東人に戻る

チームを変えた二人

小板橋直弥さん、伊東大昇さん(硬式野球部)

「野球というスポーツは苦しい時期がほとんどで、好調でも不思議とその波が続かない。まるで人生そのものだ」。2011年度首都大学野球秋季リーグ戦1部でベストナインに選ばれた小板橋直弥さん(国際文化4年)と伊東大昇さん(同4年)は、野球の魅力を語った。

軟式野球に打ち込んでいた二人は甲子園の舞台を夢見て、硬式野球に転向した。高校時代は、膨大な練習量をこなすことで精いっぱい。異様な体育会系特有の雰囲気の中、いつも「やらされている」という感覚だった。

大学入学後、環境が一変する。「これほど自主性が問われるとは思っていなかった。戸惑いもあったが、先輩たちの姿を見て、自分たちが何をすべきか考え取り組んだ。自主性が問われるからこそ、自分たちで考える力、向上心を養うことができた」。順風満帆に見える二人の野球生活だが、伊東選手は1年次の秋、野球を辞めたいと思ったという。それでも思いとどまったのは野球を続けさせてくれた両親に対する感謝の気持ちだった。小板橋選手も「野球を続ければ続けるほど困難な壁にぶつかった。乗り越えた時の喜びがモチベーション向上につながった」と挫折を乗り越えて今に至る思いを語った。二人は主将、副主将に就任。下級生時代から築いてきた部の雰囲気は着実に変化を遂げた。皆が真剣に野球に取り組み、一人ひとりが自分の役割を理解して動くチームになった。
「このメンバーで野球をすることが出来る最後の秋季リーグ戦。4年間の集大成を魅せるよう全力を出し尽くしたい」。二人三脚で4年間歩んできた二人のまなざしは熱い思いであふれていた。

(2012年7月)

  • オープンキャンパス・進学説明会・大学見学
  • 資料・願書請求
  • 大東SPORTS
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 情報公開
  • DBポータル
  • コンテストのご案内
  • 認証評価
このページのTOPへこのページのTOPへ