大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
検索

大東文化の情報を検索する

注目のワード

Language閉じる

活躍する大東人

パブリシティ 新聞・雑誌

活躍する大東人に戻る

2018年02月01日

久住真也准教授著『王政復古 天皇と将軍の明治維新』講談社 現代新書

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア
内容

230年ぶりの将軍上洛、禁門の変、そして王政復古の大号令――。
激動の幕末期、禁裏御所では何が起きていたのか。天皇をめぐる幕府と有志大名との争い。宮中の奥へと進出していく大久保利通ら藩士たち。身分秩序の維持に腐心する公家勢力。
アンシャンレジームが崩れ、近代国家が形成される舞台裏に迫る。〈君主〉という視点から描く、新しい幕末維新史。

著者

大東文化大学文学部日本文学科准教授 久住 真也

発行年月

2018年1月17日

価格

900円(税別)

出版社

講談社

このページのTOPへこのページのTOPへ