大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

特色ある教育の充実

グット・プラクティス(GP)とは

文部科学省は、各大学・短期大学・高等専門学校等(以下「大学等」とします。)が実施する教育改革の取組の中から、優れた取組を選び、支援するとともに、その取組について広く社会に情報提供を行うことにより、他の大学等が選ばれた取組を参考にしながら、教育改革に取り組むことを促進し、大学教育改革をすすめています。この「優れた取組」を「Good Practice」と呼んでいます。これは、近年、国際機関の報告書などで「優れた取組」という意味で幅広く使われており、諸外国の大学教育改革でも注目されている言葉です。なお、この言葉を略して、「GP」と呼んでいます。

GPは『特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)』と『現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)』がありましたが、平成20年度からはこれらを発展的に統合した『質の高い大学教育推進プログラム(教育GP)』として新規導入実施され、平成21年度からは、さらに、教育GPと『新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム(学生GP)』とを統合して『大学教育・学生支援推進事業』として新たに実施されています。

採択されたGP

特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)
Support Program for Distinctive University Education

「特色ある大学教育支援プログラム」は、各大学、短期大学で実績をあげている教育方法や教育課程の工夫改善など学生教育の質の向上への取組を更に発展させる取組の中から、国公私を通じて特色ある優れた取組を選び、サポートします。また、選ばれた取組を社会に広く情報提供し、高等教育全体の活性化を促しています。

現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)
Support Program for Contemporary Educational Needs

「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」では、各種審議会からの提言などを踏まえ、社会的要請の強い政策課題(地域活性化への貢献、知的財産関連教育など)に関するテーマを設定し、これに対して各大学、短期大学、高等専門学校が計画している取組の中から、国公私を通じて優れた取組を選び、サポートします。また、選ばれた取組を社会に広く情報提供し、高等教育全体の活性化を促しています。

質の高い大学教育推進プログラム(教育GP)
Program for Promoting High-Quality University Education

「質の高い大学教育推進プログラム」(平成20年度予算額86億円)は,大学設置基準等の改正等への積極的な対応を前提に,各大学・短期大学・高等専門学校から申請された,教育の質の向上につながる教育取組の中から特に優れたものを選定し,広く社会に情報提供するとともに,重点的な財政支援を行うことにより,我が国全体としての高等教育の質保証,国際競争力の強化に資することを目的とします。

大学教育・学生支援推進事業
Program for Promoting University Education and Student Support

大学教育・学生支援推進事業 大学教育推進プログラムは、各大学・短期大学・高等専門学校から申請された、各大学等における学士力の確保や教育力向上のための取組の中から、達成目標を明確にした効果が見込まれる取組を選定し、広く社会に情報提供するとともに、重点的な財政支援を行うことにより、我が国の高等教育の質保証の強化に資することを目的とします。

テーマA
大学教育推進プログラム(大学における教育の質保証の取組の高度化)
テーマB
学生支援推進プログラム(就職支援の強化など総合的な学生支援)
過去に本学において採択されたGP
特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)
選定取組(取組学部等)
アジア理解教育の総合的取組(国際関係学部)
取組期間
平成18年度~平成20年度

国際関係学部が推進する「アジア理解教育の総合的取組」は、(1)アジア地域言語教育、(2)地域研究カリキュラム、(3)現地体験型学習、(4)学生による企画・参加・実行型の活動、の4つの柱を有機的に組み合わせ、アジア理解の基礎を築くことを目的とする。(1)はアジアの人びとの心に直接届くコミュニケーションの道具として、アジア言語の習得をはかる。(2)はアジアを東・東南・南・西の4地域に分け、各地域の政治・経済・社会、また、歴史・文化・芸術の6分野について、興味を育て理解を進めることをめざす。(3)は海外協定校への「現地研修」と留学により、学習意欲のさらなる向上と地域研究の深化をめざす。(4)は「アジア言語スピーチコンテスト」、料理祭を中心とする「ASIA MIX」等、学生の自主的活動により、アジアへの主体的関わりを深めることをねらいとする。この4つは、1986年の学部創設以来、アジアを重視する本学部の教育の柱としてきたものである。

現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)
選定取組(取組学部等)
「持続可能な都市再生」の担い手を求めて(環境創造学部)
取組期間
平成19年度~平成21年度

本学部は、持続可能な都市再生の課題探求とその担い手養成を目的に掲げ、地域貢献に取り組んできた。高島平再生プロジェクトとは、本学のおかれた地理的・歴史的な諸条件を活かしつつ、「高島平団地を核とした地域社会」と大学とが相互補完的な関係を築くことにより、高島平地区を新たな公共世界として再生する試みである。その特徴は、学生などの「社会貢献活動と市場経済活動」をIT型地域通貨によって有機的に結合することで、大学と地元が都市再生の実践的教育ゾーンとして結ばれることである。同プロジェクトに基礎をおく本取組は、学生の団地居住を契機とした多世代共住・多文化共生、高島平地区の自然条件・工業立地に関連づけた自然との共生、IT 型地域通貨を活用した都市公共世界の基盤創出に関する活動と学習を通し、「社会貢献活動と市場経済活動が両立する新たな公共世界」を担う環境創造型人材の育成を目指す。

  • オープンキャンパス・進学説明会・大学見学
  • 資料・願書請求
  • 大東SPORTS
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 情報公開
  • DBポータル
  • コンテストのご案内
  • 認証評価
このページのTOPへこのページのTOPへ