大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造大東文化大学 多文化共生を目指す新しい価値の不断の創造

メニュー
Language

Language

Languageメニューを閉じる
  • アクセス・キャンパス案内アクセス
  • スクールバススクールバス
  • Language
  • Japanese
  • English
  • Chinese
  • 資料請求資料請求
  • 出願はこちら出願する

大東文化大学の教育情報公開

教育の維持と向上に向けて

大東文化大学の教育情報公開

幅広い学問を研究・実践する「学び」の場が、大東文化大学にはあります。興味や進路に併せて選べる科目をはじめ、他学部の科目も履修できるなど、学生の個性と可能性を伸ばします。

4年一貫の「学士課程教育」の実現

初年次教育の充実

高等学校から大学への円滑な移行を図るため、主に大学新入生を対象とした初年次教育を重視しています。大学における学習技術や専門に向けた基礎知識を学ぶための基礎演習を中心とした授業科目の開設、人間関係の確立や学問に向けた動機づけを目的としたオリエンテーション合宿の実施、語学クラス等における習熟度別クラスの編成、オリジナルの共通教材の使用、自己発見レポートの導入、チュートリアル教育の強化などを行っています。

カリキュラムの見直し

正課として直接関わることとなるカリキュラムの見直しを学科において行います。見直しに際しては、他大学における好事例だけでなく、民間等で構築されている学生の能力開発に関する調査研究を参考に、また学生の進路希望およびキャリア形成を意識した上で方針を明確にし、カリキュラムの再構築を図っています。

体験型学習

授業に関連した内容を実際に体験することで専門分野学習の深化を図る体験型授業を実施しています。具体的には、国内外での研修、演習における研究成果の発表会、語学授業に関連したコンテストの実施や資格試験の受験、外部有識者による講演、正課事業によるボランティア活動を推進しています。

FD(ファカルティ・ディベロップメント)の推進

平成19 年度の大学設置基準改正により義務化されたFD については、FD 委員会を中心にFD フォーラムの開催やFD ニュースの発行など大学全体で積極的に取り組んでいます。また、各学部学科においても授業内容の標準化・独自のテキストの作成・ワークショップの実施・研修会への参加など教員間において方針の徹底を図ることで、授業内容の改善に組織的に取り組んでいます。
また、研究活動においても各付置研究所による紀要の発行や研究会を開催しています。

キャリア教育の進化

全学共通科目として「キャリアデザイン」開講、またキャリアアドバイザーを配置し、早期からのキャリア形成実現に向けての支援を行うとともに、就職未決定者に対する学内説明会・選考会を開くなどのフォローを行っています。

入学前教育と正課カリキュラムの連動

入試方式が多様化してきたことにより、入学者の学力格差が目立つようになってきた昨今、本学においては、これまでも各学部学科においても推薦入試入学者を中心に合格から入学までの間に課題を与えるなど入学前教育に取り組んでいます。
さらに全学的な対応として、大学入学に向けた手引きを作成し、入学前に配布することにより、新入生がスムーズに大学生活に入っていけるよう取り組んでいます。
また、各学部学科においても各分野における基礎知識の習得や学習意欲の増進を図るために、推薦入学者への課題提供、プレゼンテーションやディベートをテーマとした事前講座の開講、クラス分けを目的としたプレイスメントテストを実施しています。

  • オープンキャンパス・進学説明会・大学見学
  • 資料・願書請求
  • 大東SPORTS
  • 教員情報検索
  • WEBシラバス
  • 情報公開
  • DBポータル
  • コンテストのご案内
  • 認証評価
このページのTOPへこのページのTOPへ